주요 기사 바로가기

俳優イ・ボムスさん側「差別・暴言はなかった…虚偽事実を流布すれば法的対応」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.08 10:08
0
自分が教える学生たちを差別し、暴言を吐いたという疑惑が浮上した俳優イ・ボムスさん側が「事実無根」として関連疑惑を全面否認し、虚偽事実流布に対する法的措置を予告した。

イ・ボムスさんの所属事務所BIGPUNCHエンターテインメントは7日「誤解を明確に正すために、事実関係について申し上げる」として「学生たちを差別したとか、暴言を吐いたことはない。他の疑惑も事実でない」と公式立場を明らかにした。

所属事務所側は「俳優イ・ボムスさんは2014年から教壇に立ち、8年余りにわたって学生たちを教えてきた」として「授業日程に関連して学校側と協議を経た結果、平日ではなく週末などに授業を進めることが可能だという学校側からの回答を受けた」と説明した。

また「今年はドラマ1本と映画1本の撮影日程で平日に授業ができない場合もあり、突然の撮影で日程の変更を事前に教務処に通知することができない場合もあった」とし、「これに対して学生たちに十分な了解を求め、その後補充授業などを通じて誠実に授業してきた」と強調した。

イ・ボムスさん側は「学生たちの個別学習日程に合わせることができなかった点はお詫び申し上げる」とし、「この部分について学生たちとのコミュニケーションが不十分だったとすれば、その点は反省し改善させていただきたい」と話した。

また「俳優イ・ボムスは真相を把握するための学校側の調査に誠実に応じている。事実と異なる部分についてすでに調査を通じて釈明し、その後も誠実に協力する」とし「今後、イ・ボムスさんに関する虚偽事実の流布、拡散には強力な法的措置に出る予定」と付け加えた。

ネットユーザーAさんは最近、あるオンラインコミュニティに投稿して自分を信韓(シンハン)大学公演芸術学部の在学生だと明らかにし、学部長を務めるイ・ボムスさんからパワハラを受けたと主張した。

Aさんはイ・ボムスさんが金持ちの学生をA組、貧しい学生をB組に分けて差別し、イ・ボムスさんが週末にも授業をするせいでアルバイトもできなかったと主張した。また、このような状況によって1年生のうち半分が休学と自主退学を決め、学校側に情報提供したが、イ・ボムスさんに情報提供の事実が漏れたと話した。

イ・ボムスさんは2014年から信韓大学公演芸術学科長を務めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優イ・ボムスさん側「差別・暴言はなかった…虚偽事実を流布すれば法的対応」

    2022.12.08 10:08
    뉴스 메뉴 보기
    俳優イ・ボムスさん[写真 イ・ボムスさんのインスタグラム]
    TOP