주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「16強ジャイアントキラー」はモロッコ、PK戦で「無敵艦隊」スペイン撃沈

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.07 09:37
0
グループリーグで国際サッカー連盟(FIFA)ランキング2位のベルギーに勝利したアフリカの伏兵モロッコが16強戦で優勝候補スペインまでも退けた。

モロッコは7日、エデュケーションシティスタジアムで行われたカタールワールドカップ(W杯)16強戦でスペインと対戦し、延長戦まで計120分を0-0で終えた後、PK戦を3-1で制した。8強入りしたチームのうち欧州・南米以外の大陸参加チームはモロッコが唯一。

両チームのスタイルが自然に表れた試合だった。全般的な試合の流れはスペインが主導した。パスを回しながら相手陣を取り囲んで攻撃を続けた。今大会前に唯一の弱点として指摘された「確実なゴールゲッターがいない」という状況まで同じだった。

モロッコは効果的な逆襲で対抗した。中間過程を省略し、とにかくスペインのゴール近くまでボールを送ってシュートを狙う戦略だった。巨艦スペインを迎え、虚をつく戦略を探すよりも最もうまくできることに集中した。

スペインは120分間になんと1063回のパスをし、モロッコ(331回)とは3倍近い差があった。ボール支配率も63%で、モロッコ(21%)の3倍にのぼった。シュート数(13-5)でも圧倒した。しかし枠内シュート数だけはモロッコが3-2で上回った。互いに長所を最大限に生かしたゲームだった。

両チームの運命はPK戦で分かれた。モロッコの選手は1、2、4人目のキッカーが冷静に決めた一方、スペイン選手たちは1、2、3人目のキッカーが失敗し、「ジャイアントキリング」の犠牲者になった。モロッコは準々決勝でポルトガルと対戦する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「16強ジャイアントキラー」はモロッコ、PK戦で「無敵艦隊」スペイン撃沈

    2022.12.07 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    2022カタールワールドカップのロゴ。
    TOP