주요 기사 바로가기

レディー・ガガの飼い犬盗もうと…散歩係を銃撃した10代の最後

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 16:51
0
人気歌手レディー・ガガの飼い犬を盗もうと散歩係を銃撃した10代の男に懲役21年が宣告されたとAP通信などが6日に報道した。

米ロサンゼルス郡地検察局によると、裁判所は前日殺人未遂と強盗共謀などの容疑で起訴されたジェイムス・ハワード・ジャクソン被告(19)に懲役21年を宣告した。

ジャクソン被告は昨年2月にハリウッドの路上でレディー・ガガの飼い犬3匹を散歩させていた散歩係を銃撃し、そのうちの2匹を盗んで逃げた。当時レディー・ガガは映画撮影のためイタリアのローマに滞在して被害を受けた。

レディー・ガガは飼い犬を返してくれれば懸賞金50万ドルを払うと明らかにし、数日後にある女がブルドッグを警察署に連れてきて事件は一段落した。

ただ検察はジャクソン被告ら犯行グループ3人が1匹当たり数千ドルに達するフレンチブルドッグを探しながら車を運転していたところを偶然にレディー・ガガの飼い犬を発見しただけで、レディー・ガガの飼い犬を狙って犯行に及んだものではないと判断した。

ジャクソン被告は警察に捕まり拘置所に収監されて裁判を待っている間に当局のミスにより4月に釈放され、5カ月後に再検挙されたりもした。

ジャクソン被告の銃撃により重傷を負った散歩係のライアン・フィッシャーさんは肺の一部を摘出するなどの手術を受け回復中であることがわかった。フィッシャーさんはこの日SNSを通じ、ジャクソン被告と犯行グループを許すとし、「こうした話をしなければあなたが私を銃で撃ったあの夜を完全に振り払うことができないことを私は知っている」と書いた。

ジャクソン被告の共犯2人はそれぞれ懲役4年と懲役6年を宣告された。ブルドッグを返しに来た女とこれを隠した男に対する裁判は進行中だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP