주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>対照的な韓日指揮官の今後…森保監督は2+2年再契約か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 14:45
0
4年間にわたりサッカー韓国代表を率いたパウロ・ベント監督(53、ポルトガル)がカタールワールドカップ(W杯)の旅程が終わるやいなや離別を宣言した。6日のブラジルとの16強戦の後、「少し休むことにした。すでに9月から『W杯を終えればひとまず休みたい』と考えていて、これを大韓サッカー協会にも伝えた」とし、韓国サッカーと同行が終わったことを知らせた。

しかし韓国と同じく16強進出の喜びを味わった日本は雰囲気が違う。功労が大きい森保一監督(54、日本)に可能なら4年後の北中米W杯まで任せる計画が現地メディアを通じて伝えられた。

日刊スポーツは6日、「日本サッカー協会が森保監督に2年の契約期間を提示する方向であることが分かった。遅くとも来年1月にも契約を結び、2年間の代表強化を評価した上で、次のW杯まで契約を延長するオプションをつける考え」と伝えた。

MF選手として1987年から2003年まで15年以上も現役でプレーした森保監督は、引退後に指導者の道を着実に歩んできた。特に2012年から2017年までJリーグのサンフレッチェ広島を率いて3回の優勝(2012・2013・2015年)を果たし、指導力が認められた。また2015年にはサンフレッチェ広島を国際サッカー連盟(FIFA)クラブW杯3位に導き、世界的にも名前が知られた。

森保監督は2017年から国家代表の指導者に移った。U-23(23歳以下)日本代表を引き受けて東京オリンピック(五輪)4強に導いた。2018ロシアW杯ではヘッドコーチとして西野朗監督を補佐した。

このような成果が認められた森保監督は2018年7月、A代表チームの指導者に選任された。しかしその後は順調な道のりではなかった。カタールW杯アジア最終予選の序盤は1勝2敗と振るわず、信頼を失った。このため更迭説も浮上したが、最終予選の終盤には勢いに乗って本大会行きを決め、任期を継続した。

このようにカタールW杯でも指揮棒を握った森保監督は今大会、独特の逆襲サッカーでドイツとスペインを破り、異変の主人公になった。クロアチアとの16強戦ではPK戦(1-3)で敗れたが、これまでの成果だけでもリーダーシップが再評価される雰囲気だ。

日刊スポーツは日本サッカー協会関係者の言葉を引用し「過去にはA代表チーム監督と普通4年契約をした。ただ、契約打ち切りで違約金が発生するケースもあった」とし「日本サッカー協会と森保監督は互いに信頼関係があるため、この機会に慣例となってきた契約体系を変えたい考えだ。2+2年契約はこのような一環として解釈される」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>対照的な韓日指揮官の今後…森保監督は2+2年再契約か

    2022.12.06 14:45
    뉴스 메뉴 보기
    パウロ・ベント韓国サッカー国家代表チーム監督
    TOP