주요 기사 바로가기

韓国SKグループ会長「韓日関係に問題はあるが、未来に焦点を当てなければ」

ⓒ 中央日報日本語版2022.12.06 12:00
0
SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は5日(現地時間)、「韓日関係に問題はあるが、両国間の未来協力のためのアジェンダが少なくない」とし、「両国が未来に焦点を当てなければならない」と述べた。

崔会長はこの日、米ワシントンDC近くのサラマンダーリゾートでチェ・ジョンヒョン学術院の主催で開かれた「トランス・パシフィックダイアログ(Trans-Pacific Dialogue)フォーラム」の韓日協力特別セッションの歓迎の辞で「私たちは韓日関係で若干の問題があるということを知っている」とし、今回の行事で「意味のあることに対する生産的な討論ができるだろう」と明らかにした。

崔会長は歴史学者E.H.カーの著書『歴史とは何か』に言及し、「彼は歴史は過去と未来の対話だと言った」とし、「昨年、私たちが(この行事で)サプライチェーンと経済安保問題について話し合ったように、(両国)人々は未来に焦点を当てなければならない」と強調した。

崔会長は「私たちは未来協力のための多くのアジェンダを持っている」として「私はこれが韓日両国に良い手段になり、韓日米3カ国の関係にも有益になると思う」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国SKグループ会長「韓日関係に問題はあるが、未来に焦点を当てなければ」

    2022.12.06 12:00
    뉴스 메뉴 보기
    トランスパシフィック・ダイアログフォーラムで歓迎の挨拶をするSKグループの崔泰源会長[写真 チェ・ジョンヒョン学術院]
    TOP