주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「ワールドクラス11人…ため息ばかり」…韓国核心守備手も苦しんだブラジル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 11:01
0
サッカー韓国代表の核心守備選手金敏在(キム・ミンジェ、ナポリ)が世界最強ブラジルとの実力差を認めた。次の大会までにしっかりと間隔を縮めたいという覚悟も付け加えた。

金敏在は日本時間6日午前4時にカタールのドーハで行われたサッカー・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメントのブラジルとの対戦直後のインタビューで、「個人の能力差が大きかった。相手は世界1位だ。敗北を認めるほかない。われわれの実力が足りず負けたもの」と話した。

韓国はブラジルに1-4で敗れた。前半に4失点しながら一方的に押されたが、後半に入って攻撃が生き返り希望と可能性を見せた。後半交代投入されたMF白昇浩(ペク・スンホ、全北)のミドルシュートで無得点を免れた。

ふくらはぎの筋肉負傷については「痛みが少しあるが耐えて走った」と率直に打ち明けた彼は、「相手があまりにも積極的なチームで(守備選手として)大変だった。選手11人がみんなワールドクラスだが、こうしたスクワッドを備えたチームはセリエA(イタリア1部リーグ)や欧州チャンピオンズリーグの舞台でも見つけるのは難しい」とした。

続けて「生涯初のW杯本戦を経験し改善する点を見つけミスしないようにしたい。うまくやっている部分は継続していく。さらに発展する契機になりそうだ」と期待感を示した。

一方、金敏在は攻撃手趙圭誠(チョ・ギュソン、全北)を含む代表チームの後輩に「欧州にたくさん出て行ったら良いだろう。趙圭誠もトルコリーグに行けば成功しそうだ。(移籍説が出ている)フェネルバフチェは良いチームで、私もそのチームにいた時にたくさん学んだ」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「ワールドクラス11人…ため息ばかり」…韓国核心守備手も苦しんだブラジル

    2022.12.06 11:01
    뉴스 메뉴 보기
    5日(現地時間)、カタール・ドーハのスタジアム974で2022カタールワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で韓国とブラジルの試合が行われた。相手のルーカス・パケタに得点を許した後、キム・ジンスが倒れている鄭又栄(チョン・ウヨン)を起こしている。キム・ヒョンドン記者
    TOP