주요 기사 바로가기

封鎖解除する中国に…専門家「致命的な感染の波が来る」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 09:57
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の防疫緩和に乗り出した中国に対し、致命的なオミクロン感染の波に直面するおそれがあるという警告が出た。新型コロナワクチン接種やオミクロン感染により得た抗体の保有者が相対的に少なく、オミクロン感染に脆弱だという理由からだ。

4日(現地時間)、英日刊紙ガーディアンによると、エディンバラ大学公衆保健学科のリンダ・ボールド教授は「オミクロンが英国で優勢種になった時は、英国人の約95%がワクチン接種や以前の感染などにより抗体を持っていた」と警告した。一方、中国は予防接種や感染による新型コロナウイルスの抗体形成率が比較的低いものと推定されるということだ。

また、中国保健当局によると、脆弱階層の80歳以上の新型コロナワクチン1次接種率は65.7%、3次接種率は40%に過ぎない。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院で新型伝染病を研究するマーティン・ヒバード教授は「我々は香港でワクチン接種歴のない高齢者などの脆弱階層にオミクロンがどれほど致命的になり得るか目の当たりにした」と述べた。

中国政府は来月末までに80歳以上の新型コロナワクチン接種率を90%まで高めることにした。しかし、中国が自国の新型コロナワクチン接種だけにこだわっており、ワクチン接種率の向上効果に疑問が提起されている。シノファーム・シノバックなど中国製ワクチンは新型コロナ感染と重症化予防効果に対する研究結果が十分に公開されていない。

中国当局の防疫緩和には賛否が分かれる。胡錫進・元環球時報編集長は3日、「オミクロンは本当に弱くなっており、中国はこの2年間、西側諸国が経験した災いを再現する可能性は低い」と述べた。一方、広西チワン族自治区疾病予防統制センターの卓家同・副主任は、防疫緩和により死者が200万人以上発生する可能性があると推算した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    封鎖解除する中国に…専門家「致命的な感染の波が来る」

    2022.12.06 09:57
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス感染症
    TOP