주요 기사 바로가기

ロナウド、11歳の息子のシックスパック自慢に…「児童虐待説」出てきた理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 09:52
0
世界的サッカースターのクリスティアーノ・ロナウドが11歳の息子のシックスパックを自慢して父子相伝という反応が起きている中、一部では児童虐待との指摘もあると香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストが5日に報道した。

ロナウドは11歳の息子をサッカー選手にするため早期教育に入った。携帯電話の使用を禁止しハイレベルな運動をさせるだけでなく食事療法も並行している。

彼はインスタグラムなどに自身と息子のシックスパックを自慢する写真を投稿している。ロナウドの息子が運動する動画はユーチューブで人気を呼んでいる。

彼はインスタグラムを通じ、「息子はサッカー選手として大成する資質があるようにみえる。ところが息子は時々コーラを飲んでポテトチップを食べ私をいら立たせる。私は彼が何を選択しようとも最高になることを望む。私は常に息子に努力が最も重要だと話す」とした。

これに対しロナウドが息子に早期教育をさせるのは良いが食事療法まで強要するのは児童虐待に近いという指摘も出ている。食べたいものが多い年齢に食事療法をするのは健康だけでなく発育にも良くない。

児童心理学専門家であるエイミー・チュアは「ロナウドが『虎の父』の典型のようだ。自身の能力以上に押しつければ多くの子どもたちが『どんな代償を払ってでも成功』というアプローチ方式に反応しない」と話したとSCMPは報道した。

続けて「子どもたちが育って十分に満足できないならば利益よりも損失がさらに多くなる可能性のある」と指摘した。

メディアはまた、シンガポール国立大学心理学科のライアン・ホン助教授も研究を通じて「干渉する親を持つ子どもたちは過度に自己批判的であるだけでなく後に不安やうつ病になりやすいという事実を発見した」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロナウド、11歳の息子のシックスパック自慢に…「児童虐待説」出てきた理由

    2022.12.06 09:52
    뉴스 메뉴 보기
    サッカースターのクリスティアーノ・ロナウドと息子。[インスタグラム キャプチャー]
    TOP