주요 기사 바로가기

韓国、東南アジア向け輸出2カ月連続急減…2位の貿易市場も揺れる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 09:19
0
1156億ドル。まだ1カ月残っているが年間最高実績となった東南アジア向け輸出額だ。2年連続で記録を塗り替えた。5日の「貿易の日」に合わせてこうした実績を公開した韓国政府は、東南アジアなどへの輸出が増え対中依存度が緩和されたと強調した。

だが最近の雰囲気はバラ色の数値とは全く異なる。下落傾向が長引く中国、半導体など伝統的な1位市場だけでなく2番目に大きい輸出地域である東南アジアまで揺らぐ様相が明確だ。東南アジア市場への輸出減少傾向は10-12月期に入り険しくなっている。

韓国貿易協会によると、1~9月の東南アジア向け輸出増加率は26.1%と集計された。米国向けの17.0%、欧州連合(EU)向けの7.8%などを上回り主要地域のうち最も高かった。ロシアとウクライナの戦争などの悪材料を乗り越え輸出成長を牽引したのだ。輸出額に占める割合も18.6%で中国に次ぐ座を固めた。

本格的な警告灯は10月から灯っている。輸出増加率がマイナス5.8%と鈍化したのに続き、先月にはマイナス13.9%と下げ幅が大きくなった。2カ月連続のマイナス成長はコロナ禍の最中だった昨年1~2月以来だ。米国とEUなど他の主要市場への輸出が同じ期間にプラスと善戦したのと対照的だ。特に東南アジアで最大の貿易相手国であるベトナムへの輸出は8~9月と11月にそれぞれマイナスを記録した。東南アジア全体より早く鈍化し、下落幅も先月はマイナス15.1%でさらに拡大した。

これは東南アジア地域も世界的な景気低迷の直撃弾を受けたためと分析される。米中の景気鈍化などの余波により東南アジアで生産した商品の輸出が停滞し、これに伴い現地生産工場などへ向けた韓国の中間財輸出もともに減少したのだ。IT需要減少によりサムスン電子ベトナム工場などが生産量を調整したのも影響を及ぼしたという分析が出ている。

先月の東南アジアに対する半導体輸出額は25日までで前年同期比0.2%減った。このほか鉄鋼が31.1%減、石油化学が30.2%減、ディスプレーが13.2%減などと振るわなかった。各国の景気不振が長期化すれば中間財に80%以上依存する東南アジア向け輸出も今後打撃を受ける懸念が大きい。

対外経済政策研究院のクァク・ソンイル経済安保戦略室長は「東南アジア地域の本格的な山場は来年初め以降とみる。すでに現地では輸出が減り、縫製業など主要業況悪化で購買力が落ち内需も懸念される。これまでは東南アジア向け輸出で持ちこたえて対中輸出不振を挽回していたが今後が心配」と話した。

このように韓国経済を支えた輸出戦線は不安だ。先月までの対中輸出は6カ月連続、半導体輸出は4カ月連続減少した。月別貿易収支も8カ月連続赤字の泥沼から抜け出すことができていない。中国は新型コロナウイルス封鎖の影響、半導体は世界的な需要不振などで停滞したが、東南アジアまで揺らげば貿易戦線にはさらに濃厚な影が落ちる。

韓国政府は先月の輸出戦略会議を通じ東南アジア市場に合わせた戦略をまとめた。ベトナムのほかインドネシアやタイなどに市場を多角化するためだ。

一方、この日の「貿易の日」記念式では今年過去最大の輸出額である6800億ドルを達成するだろうという見通しが出された。世界の輸出順位も昨年の7位から1段階高い6位に上がるとみた。貿易1兆ドル達成時点は過去最も速い9月14日と集計された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、東南アジア向け輸出2カ月連続急減…2位の貿易市場も揺れる

    2022.12.06 09:19
    뉴스 메뉴 보기
    釜山南区の神仙台(シンソンデ)埠頭(下)と戡蠻(ガムマン)埠頭 ソン・ボングン記者
    TOP