주요 기사 바로가기

ロシア、ウクライナ全域にミサイル約70発を発射…少なくとも2人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 08:09
0
ロシア軍が5日(現地時間)、ウクライナ全域に70発以上のミサイルを発射し、少なくとも2人が死亡した。

AFP通信、CNNなどの外信は、ロシアが同日ウクライナの首都キーウと南部の主要都市オデッサをはじめ、主要都市に70発を超えるミサイルを発射し、多数の空襲警報が発令されたと報じた。特にウクライナの電気施設などを狙ってキーウとオデッサなどの一部の地域では少なくとも40%世帯に停電事態が発生し、上水道と暖房供給などが中止された。現在、電力の再供給時期については協議中だという。

また同日、南部のジャポリザ地域にロシア・ミサイルが落下し、2人死亡、2人の負傷者が発生した。

ウクライナ空軍当局は同日だけで、ロシアが約70発のミサイルを発射し、独自の防空網でこのうち60発以上を撃墜したと主張した。ウクライナ空軍は声明で「今回の空襲はウクライナの重要インフラを狙った」と明らかにした。

ウクライナのゼレンスキー大統領もこの日、対国民演説を通じて「私たちの防空網がほとんどのミサイルを撃墜し、エネルギー分野の労働者が電力供給を復旧し始めた」と明らかにした。

今回のロシアの大規模空襲は冬が近づき、ウクライナのエネルギー供給施設を無力化するための試みと分析される。

一方、ロシア側は同日、ウクライナのドローンがロシア空軍基地2カ所を攻撃し、自国軍3人が死亡したと明らかにした。航空機2機が軽い被害を受け、4人の負傷者も発生したとロシア国防省は明らかにした。

さらに、この日、ロシアのプーチン大統領は10月初めに大規模な爆発事件が発生して破壊されたクリミア大橋の復旧現場を訪問したと外信が伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロシア、ウクライナ全域にミサイル約70発を発射…少なくとも2人死亡

    2022.12.06 08:09
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナ・ドネツク地域のバフムトではウクライナ兵士が塹壕を掘ってロシア軍に対抗している。[ウクライナ外務省ホームページ キャプチャー]
    TOP