주요 기사 바로가기

北朝鮮、東海・西海緩衝区域に130発砲撃…また9・19合意違反

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 06:57
0
冬季訓練を進めている北朝鮮が5日、韓米の射撃訓練に反発して約1カ月ぶりに海上砲射撃を再開した。

合同参謀本部によると、北朝鮮は同日午後2時59分ごろから江原道錦江郡(カンウォンド・クムガングン)一帯と黄海南道萇山岬(ファンヘナムド・チャンサンゴッ)一帯でそれぞれ東海(トンへ、日本名・日本海)・西海(ソヘ)上に計130発余りの砲射撃を強行した。北朝鮮が発射した砲弾は「9・19南北軍事合意」で設定した北方限界線(NLL)以北の海上緩衝区域に落ちた。韓国軍当局はこれに対応して北朝鮮側に対して「9・19軍事合意違反」を知らせ、「射撃中止」を促す警告通信を数回実施した。

北朝鮮軍の海上緩衝区域への砲射撃は、先月3日以降1カ月ぶりのことだ。当時、北朝鮮は韓米連合空中訓練「ビジラントストーム(Vigilant Storm)」に反発し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17型」1発、短距離弾道ミサイル(SRBM)5発、同じ場所(金剛郡一帯)から東海上に80発余りの砲を発射した。

北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は同日、報道官名義の発表で「5日8時30分から15時50分までの間に、敵側の南江原道鉄原郡梨坪里(ナムカンウォンド・チョルウォングン・イピョンリ)方向から放射砲弾と推定される発射体数十発が東南方向に発射される適情(敵の動き)が提起された」とし、「15時から16時までの間に東部・西部戦線部隊で130発余りの対応警告目的の海上実弾砲射撃を行った」と朝鮮中央通信が報じた。

総参謀部は「敵のすべての挑発的な行動を事あるごとに計算し、常に圧倒的な軍事行動で対応することを改めて明らかにする」とし「敵側は肉眼監視が可能な戦線近接地帯で緊張の激化を引き起こす軍事行動を直ちに中止しなければならない」と威嚇した。これに関連して、同日、韓米軍は江原道鉄原(カンウォンド・チョルウォン)一帯で合同砲兵射撃訓練を実施したが、北朝鮮がこれを口実に挑発に出た。

今月2日、韓日米3カ国が北朝鮮の核・ミサイル開発に関与した個人や団体などに対する制裁をそれぞれ発表した同日、米国が次世代ステルス戦略爆撃機「B21レーダー」を電撃公開し、金正恩(キム・ジョンウン)委員長ら首脳部を刺激したこのがこの日の緩衝区域砲射撃に影響を及ぼした可能性がある。

韓国軍は来年2月まで続く北朝鮮軍の冬季訓練期間中に本格的な挑発ラリーが続く可能性があるとして態勢を強化している。峨山(アサン)政策研究院のヤン・ウク副研究委員は「北朝鮮が当分低強度の挑発で緊張を維持し、段階的に中・高強度の挑発(7回目の核実験および追加ICBM試験発射)を通じて緊張を高める可能性がある」と見通した。

西江(ソガン)大学のキム・ヨンス教授は、「米国がB21を公開すると、北朝鮮が『怒ったハリネズミ』のように針を立てて反発している」とし、「内部的にはいかなる新型兵器も防御できるという点を誇示するためだ」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、東海・西海緩衝区域に130発砲撃…また9・19合意違反

    2022.12.06 06:57
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の国旗 平壌写真共同取材団
    TOP