주요 기사 바로가기

韓国、外貨準備高が21億ドル増の4161億ドル…4カ月ぶり増加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.05 13:48
0
韓国の11月末基準の外貨準備高は4161億ドルと、10月末(4140億1000万ドル)比で20億9000万ドル増えた。

韓国銀行(韓銀)が5日に発表した外貨準備高統計によると、外貨準備高は8、9、10月に減少した後、4カ月ぶりに増加した。

韓銀関係者は「外貨準備高の一時的な減少要因である国民年金との通貨スワップ、金融機関の外貨預金縮小などにもかかわらず、その他の外貨資産の米ドル換算額が増え、外貨準備高が小幅増加した」と説明した。

外貨準備高を資産別に分けると、国債・社債など有価証券(3656億2000万ドル)が1カ月前に比べ32億7000万ドル増えた。特別引出権(SDR、146億5000万ドル)、IMF(国際通貨基金)に対する交換性通貨引出権利「IMFポジション」(43億6000万ドル)もそれぞれ3億4000万ドル、1億ドル増えた。預金(266億8000万ドル)は16億10000万ドル減り、金は相場を反映せず購入当時の価格で表示するため前月と同じ47億9000万ドルと集計された。

韓国の外貨準備高は10月末基準(4140億ドル)で世界9番目の規模。中国が3兆524億ドルで最も多く、日本(1兆1946億ドル)、スイス(8833億ドル)、ロシア(5472億ドル)、台湾(5428億ドル)、インド(5340億ドル)、サウジアラビア(4631億ドル)、香港(4172億ドル)などの順だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、外貨準備高が21億ドル増の4161億ドル…4カ月ぶり増加

    2022.12.05 13:48
    뉴스 메뉴 보기
    ドル
    TOP