주요 기사 바로가기

サムスン会長、就任後初めて中東出張…1年ぶりにUAE再訪問

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.05 11:59
0
サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)会長がアラブ首長国連邦(UAE)を訪問する。10月に会長に就任してから初めての中東出張で、エネルギー、建設、通信事業が活発な中東地域でグローバルネットワークを確かなものにする次元の動きとみられる。

4日の財界によると、李会長はこの日午前にUAEの首都アブダビに向け出国した。サムスン電子は出国の目的と日程を公開していないが、昨年と同じくアブダビで開かれる各界の実力者らの会合に参加するという観測が出ている。5月に大統領に選出されたUAEのムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領は、皇太子時代から毎年冬に各国の政財界から実力者を招いて非公開のフォーラムを開催してきた。ブレア元英国首相、サルコジ元フランス大統領、ライス元米国務長官、カーライルグループのデビッド・ルーベンシュタイン会長らが出席者名簿に名前を上げた。

当時李副会長はこの会合について取材陣に「世界各界の専門家らが(会議に)集まって世界の状況がどのように変わっているのか、また各国が産業と未来をどのように準備しているかを聞いてみる良い機会だった」と話した。

サムスンはUAEと長期にわたり関係を続けている。李会長とムハンマド大統領とは2014年ごろから関係を結んでおり、2019年には互いに韓国とアブダビを訪問したりもしている。ムハンマド皇太子(当時)は京畿道(キョンギド)のサムスン電子華城(ファソン)事業所を訪問し、李会長の案内を受けながら第5世代(5G)通信の試演と半導体生産現場を視察した。李会長は5月にハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領が死去するとソウルのUAE大使館に設けられた焼香所を訪れ弔問した。

サムスン物産は2009年にUAEのドバイで超高層ビルであるブルジュハリファを施工しており、サムスンエンジニアリングは2018年に石油精製プラント工事を受注しプロジェクトを進行中だ。UAEはアブダビに180億ドルを投じて「マスダールシティ」を作っており、サムスンと5Gのような情報通信技術(ICT)分野で協力する可能性がある。

一方、李会長は出国前に定期人事などの主要業務を終えたという。昨年12月の中東出張時にも李会長帰国前の7日と9日にそれぞれ社長団人事と役員人事が行われた。

サムスン電子は1~2日に退任対象役員を通知した状態だ。社長団人事の時期は5~6日ごろになる見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン会長、就任後初めて中東出張…1年ぶりにUAE再訪問

    2022.12.05 11:59
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)会長
    TOP