주요 기사 바로가기

CNN「韓国、260兆ウォンを投入したが、世界最低の少子化解決には力不足」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.05 11:59
0
韓国歴代政府が260兆ウォン(約27兆円)に達する資金を投入したが、少子化問題を依然として解決できずにいるとCNNが4日(現地時間)報じた。

CNNはこの日、「韓国は2000億ドル(約27兆円)を投入したが、子供を産ませるほど十分ではない」というタイトルの記事で、「韓国からシーズンが戻ってきたが、その産業は縮小しており、顧客も減っている」と伝えた。

CNNは韓国の7-9月期の合計出生率0.79人を取り上げ、「世界最低出生率記録を更新した」とし、「これは安定した人口維持に必要な2.1人よりはるかに低く、やはり出生率が落ちた米国(1.6人)や日本(1.3人)より低い」と指摘した。

また「これは年金体制を支援する求人難に直面した高齢化国家である国に問題を引き起こす」と付け加えた。

メディアは特に「この問題は一般的に高い不動産価格、教育費およびより大きな経済的不安のように若者が家庭を持てないようにする経済的要因に責任がある」と指摘した。

CNNは「いくら多くの資金を投入しても歴代政府が解決する能力を超えることが判明した」として「この問題が経済よりさらに深刻だというシグナルであり、アプローチ方式の変化が必要だ」と伝えた。

CNNは9月、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が保育園を訪問したことを指摘した。同メディアは、「当時、尹大統領は、政府がこの16年間人口増加のために2000億ドル以上投資したことを認めた」とし、「現政権は問題を委員会の構成と新生児に対するより多くの財政的支援約束など、これまでと似たような解決方法を持続すること以外に、多くの改善策を出すことはできなかった」と指摘した。

これに先立って、保健福祉部は先月、満1歳以下の養育費(家庭育児時は月30万ウォン、保育園利用時は月50万ウォン)を来年には月最大70万ウォン、2024年には月最大100万ウォンを支給する内容を骨子とする「第4次中長期保育基本計画案」を発表した。

今月第2子を出産する予定の市民はCNNを通じて「政府手当ての名前を変えて合わせたが、私たちのような親にはこれ以上の恩恵がない」として政府が追加資金支援の約束を無視したと伝えた。

CNNは「彼の問題はその夫婦が私的な育児に対応することができないため、第1子が生まれた後、仕事ができなかったということ」とし「多くの専門家は現在の資金投入アプローチがあまりにも一次元的だと指摘し、代わりに必要なのは子供の一生を持続的に支援することだと判断している」と指摘した。

また「韓国で赤ちゃんを産むというのは結婚した夫婦に期待されること」とし「韓国社会は依然として一人親家庭には偏見を示している」と批判した。

また、韓国は体外受精(IVF)を未婚女性に提供せず、同性結婚を認めず、結婚していないカップルの養子縁組を難しくするなど、非伝統的な関係のカップルが差別を受けると話した。

依然として育児休職が使いにくい社会的雰囲気も言及された。CNNは「育児にもっと関与したい夫は韓国企業文化がそれを許さないということに気付く」として「事務室のドアが閉まっても業務が終わらず、むしろ参加しなければ顔色を伺わざるを得ない退勤後の『チームビルディング』(team-building)文化がある」と指摘した。

また「書類上、親の育児休職は増えたが、育児休職を完全に使いやすいと感じる人はほとんどいない」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP