주요 기사 바로가기

【コラム】「なぜ白紙を掲げたのか?」…中国デモ隊弁護士が明らかにした「怖い理由」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.05 11:29
0
◇行政拘留5・10・15日…連絡途絶も多数

デモ現場で逮捕された理由は多様だった。スローガンを叫んでいたとか、ただ単にそばに立っていて、さらには強制連行を止めようとしてともに逮捕された人たちもいた。その後はどうなったのだろうか。王弁護士の説明を総合すると、2つのケースに分かれる。行政拘留処分を受けて解放されるか、連絡が途絶えるケースだ。連れて行かれた人たちはそれぞれ5日、10日、15日の拘留処分を受けた。逮捕過程で彼らの大部分は携帯電話を取り上げられたという。ネットワーキングを遮断するためだった。

一部はまだ連絡が途絶えた状態だ。家族や知人たちから問い合わせがくるが、どの警察署に行ったのかすら見つけられないという。王弁護士は「すでに拘束可能期間48時間をとうに過ぎており、法律に基づいて処理するならば家族や親戚らに通知しなくてはならない。それでも家族は彼らがどんな状態なのかわからず探すこともできないというのが話になるだろうか」と当局を批判した。彼は南京伝媒大学の校庭で白紙を掲げたある女子学生もまだ連絡が途絶した状態だとしながら残念がっていた。

◇人々はろうそくのように白紙を掲げた」

彼らはなぜ白紙を掲げたのだろうか。王弁護士によると、真実を表現すれば公安当局によってどんな目に遭うかもわからないということを知っている人が「声のない方式」で自分の声を出したものだ。王弁護士は「ろうそくの明かりのように、菊の花のように、人々は白紙を掲げた」と話した。

匿名でインタビューに応じたまた別の諮問弁護団所属弁護士は「封鎖反対の世論は深刻だ。食堂は営業できなくても家賃は払わなければならない。不動産急落は深刻な水準で、政府は税金を得られないほどだ。すべての人たちが心の中で政府を恨んでいる」と話した。

◇「健康コードアプリに法的根拠ない…深刻な問題」

王弁護士はこの3年間にわたり防疫統制装置の核心だった健康コードアプリの「健康宝」が立法手続きもなく施行されているとし、これは非常に深刻な問題だと指摘した。このアプリは新型コロナウイルス陰性かどうかと、PCR検査経過期間などの個人情報をスマートフォンを通じて確認できるようにしたもので、このアプリのQRコードをスキャンして通過できなければどんな場所も出入りが不可能になっている。王弁護士は「健康コードはデジタルチェーンより怖い。このように身体の自由を制限してビッグデータ情報を収集するのにも何の立法もなく施行された。たとえ防疫が緩和されてもこの問題は必ず解決されなければならない」と話した。

王弁護士はインタビューの間ずっと白紙デモ隊が処罰を受けてはならないと強調した。彼は「白紙を持ってスローガンを叫んだことが社会秩序を惑わしたのではない。白紙を掲げるのが犯罪ならばいったいそれはどんな国の法律なのか」と反問した。彼はこの1週間、中国メディアから一度も連絡を受けたことはないとし、自身の身辺よりこれが間違いだと皮肉ったりもした。

【コラム】「なぜ白紙を掲げたのか?」…中国デモ隊弁護士が明らかにした「怖い理由」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP