주요 기사 바로가기

【社説】韓国のW杯16強入り、奇跡でなく血、汗、涙の成就だ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.05 11:31
0
韓国が劇的な逆転ゴールでワールドカップ(W杯)16強(決勝トーナメント)進出に成功した。同じ時間帯に行われたH組の試合でガーナがウルグアイに敗れるという幸運もあったが、BTS(防弾少年団)の曲名のように選手たちの「血、汗、涙」がなければ不可能だった。特にFIFAランキング9位のポルトガルに2-1で勝利したのは選手たちの実力のためだった。ガーナ戦で敗れた後、スポーツ分析会社が提示した韓国の16強進出の可能性は9%だった。しかし安貞桓(アン・ジョンファン)MBC解説委員の言葉のように、選手の犠牲と努力が100%をつくった。12年ぶりの16強入りが単なる奇跡だけでない理由だ。

「大きく蹴り込むだけ」と評価された韓国サッカーは2002年W杯で4強入りして以降、成長を繰り返した。2010年に初めて国外W杯16強を達成し、孫興ミン(ソン・フンミン)など世界レベルの選手らを輩出した。この4年間、代表チームはパウロ・ベント監督と共に多様なパスとクロスで空間を生み出す「ビルドアップ」サッカーを築いた。

サッカー統計サイトFotMobによると、今回のW杯で韓国の平均ボール支配率は53.5%で13位、有効シュートは1試合あたり4.3本で11位、正確なクロスは1試合あたり7.3回で2位だ。実際、ウルグアイ戦は試合の前半を支配し、ガーナ戦では22本のシュートで相手を圧倒した。

「ビルドアップ」が成功したのは、選手らが各自のポジションでそれぞれの役割を十分に果たしているからだ。走り続けてサイドからクロスを入れる責任を担う金紋奐(キム・ムンファン)と金珍洙(キム・ジンス)、頭から出血しても包帯を巻いて闘志を見せた黄仁範(ファン・インボム)、足を引きずりながらも必死に守備をした金ミン哉(キム・ミンジェ)ら選手全員が各自の責任を果たした。

中でもキャプテン孫興ミン(ソン・フンミン)の献身が目を引く。英プレミアリーグ得点王のワールドスターだが、代表チームでの役割は華やかさとは距離がある。先輩としてチーム全体を調整し、いつも2、3人の相手選手を引きつけて空間をつくる。ポルトガル戦の逆転ゴールでも孫興ミンの周辺には7人の相手選手がいた。

特に眼窩底骨折の手術から1カ月も経過していないが全試合にフル出場した闘魂は、選手全員に闘志を吹き込んだ。70メートルのドリブルに続く最後のパスは逆転ドラマを呼んだ。力尽きた瞬間に、走り込んでくる黄喜燦(ファン・ヒチャン)を見て相手選手の股からパスを通す冷静なプレーは、真のワールドクラスであることを立証するのに十分だった。

選手たちの活躍を見た大韓民国も一つになった。氷点下の中でソウル光化門(クァンファムン)に集まった市民は寒さを忘れて選手たちを応援した。与野党もようやく同じ声を出し始めた。組織力とチームワークが光ったサッカー韓国代表チームのように、我々の社会全般にも「ビルドアップ」が必要だ。政府、国会、企業、労働組合などがそれぞれの位置で自らの役割を果たす時、国家発展も実現する。レベルが高まったサッカーほど韓国社会も成熟することを期待する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】韓国のW杯16強入り、奇跡でなく血、汗、涙の成就だ

    2022.12.05 11:31
    뉴스 메뉴 보기
    ポルトガル戦で勝利した後、記念撮影をする韓国代表選手 キム・ヒョンドン記者
    TOP