주요 기사 바로가기

韓国最高検察庁、梨泰院惨事の遺族に麻薬解剖検査を要請? 「検察次元の指示はなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.05 07:50
0
韓国大検察庁(最高検察庁に相当)は、検察が梨泰院(イテウォン)惨事の遺族に解剖検査の意思を尋ねる際に「麻薬検査」をすすめたとし、検察次元の指示が疑われるというMBC(文化放送)の時事教養番組『探査企画ストレート』の報道について「事実ではない」と4日、明らかにした。

大検察庁はこの日コメントを出して「梨泰院惨事直後、一線の検察庁に対して検死業務で犠牲者の遺体を速かに遺族に引き渡すことを原則にしていたが、ただ遺族が希望する場合に限り、その意見を尊重して解剖検査を実施するように指示したことがある」と説明した。

続いて「検察は全国19の検察庁に対して、最大限迅速に犠牲者158人に対する検死を行って遺族に引き渡すようにし、そのうち遺族の要請があった3人に限って遺族の考えを尊重して例外的に解剖検査を実施した」と説明した。

あわせて「その他梨泰院惨事に関連して、大検察庁が一線の検察庁に対して麻薬に関連して別途の指針を下した事実はない」と述べた。

ただし「光州(クァンジュ)地検の検事が遺族に対して検死および解剖検査の手続きに関連した説明を行う過程で、個人判断で当時一部の言論報道の内容に言及した」としながら「これは麻薬に関連して解剖検査を要請する趣旨ではなく、これも遺族の意思を尊重して解剖検査を行わないで遺体を引き渡した」と説明した。

最後に「検察構成員は改めて梨泰院惨事犠牲者のご冥福をお祈りし、遺族の方々に対して深いお見舞いの意を伝える」と付け加えた。

MBC『探査企画ストレート』はこの日の放送で、梨泰院惨事翌日に犠牲者の遺体を移した光州のある葬儀場に光州地検検事が来て、遺族に対して麻薬関連のうわさに言及しながら解剖検査する意向があるかどうかを尋ねたと報じた。他の地域でも検察の麻薬関連の解剖検査提案があったという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国最高検察庁、梨泰院惨事の遺族に麻薬解剖検査を要請? 「検察次元の指示はなかった」

    2022.12.05 07:50
    뉴스 메뉴 보기
    梨泰院事故の犠牲者を追悼する外国人がソウル龍山区(ヨンサング)梨泰院駅1番出口の前に追悼の花を置いている。キム・ソンリョン記者
    TOP