주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>試合中にマスクはずして危険な疾走…孫興民が話すその瞬間(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.04 12:55
0
――前半後にロッカーでどんな助言をしたか。

「選手たちにこれ以上ゴールを食らってはならないという話をした。1-1で終えたのが良い状況を作ったし、チャンスがくるだろうと信じたのでしっかりと持ちこたえてチャンスができた時に決定的な姿を見せようと話した。選手らがしっかり認知し犠牲になって持ちこたえて戦ったおかげで勝利した」。

――4年前にもベスト16進出の可能性があったが。

「4年前の考えはしなかったし、集まっている時に最も多くした話が、本当に自分たちは上がる資格があるとずっと話した。だれが何の話をしたのかよく覚えていないが、他の試合の映像などを見ながら私が言うべきことを言うのに忙しかった。試合結果がどうであれ本当に誇らしいと話した。その瞬間には4年前のどんな気持ちよりいまがとても誇らしい気持ちが大きかった」。

――初めてゴールを決めセレモニーする時の気持ちは。

「1分1秒が惜しかった。その良い雰囲気を引っ張ってもっと良い姿を見せられると考えたので速くボールを持っていこうと言った。私も走っていって抱きしめたかったが状況が状況だから。私だけ急いでいたのかと思ったが選手たちも急いでいただろう。うまくやりたかっただろう。幸い結果が出て満足している」。

――マスクを付けて走るのはどうなのか。

「大丈夫だ」。

――一度はチャンスがくると思ったか。

「そうだ。そうでなければ私たちが攻撃することはできないだろう。ポルトガルを相手に多くのチャンスを出すことはできない。現実的に不可能だ。あくまでもポルトガルが支配するので私たちはゴールを決められない状況を作らなくてはならないが、そんな状況で小さな機会がきた時に決めるか決めないかが重要だ。ポルトガルも同じで韓国のように守備をすればゴールを入れるのは難しい。きょうのように信じてしっかり試合をすればチャンスはくると信じたし、きょうのようにしっかり終えればさらに発展できるだろう」。

――どこまで上がれるだろうか。

「答を知ってて尋ねているようだが、いまはたくさん祝われなければならない瞬間だと考える。次の試合がすぐやってくるのだから。私たちがどんなプレーをするべきかしっかり準備しなければならない。どこまで上がると約束するのはとても難しいことだ。私たちもとても優勝したい。与えられる試合ごとに最善を尽くすことが重要だ。そうした時に良い結果がついてくる。いまどこにいるかもはっきりとはわからないが、決まった後にあらゆることを吐き出した後に次の試合を考えるのが重要なようだ」。

<W杯サッカー>試合中にマスクはずして危険な疾走…孫興民が話すその瞬間(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>試合中にマスクはずして危険な疾走…孫興民が話すその瞬間(2)

    2022.12.04 12:55
    뉴스 메뉴 보기
    2日(現地時間)、2022カタールW杯H組最終戦の韓国-ポルトガル戦で、孫興ミン(ソン・フンミン)とロナウドがあいさつしている。 キム・ヒョンドン記者
    TOP