주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>試合中にマスクはずして危険な疾走…孫興民が話すその瞬間(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.04 12:55
0
「はずしてはだめでしょう、事実。考えてみれば手術してから1カ月ほどになったようですが。骨がくっつくのに最小3カ月かかる。骨がうっすらとくっついたとしても足りない状況なのに、私はやむを得ずしなければならない位置にいて、私が好きで任務を理解してやっているため、その瞬間マスクをはずした。良くなったのではなく依然としてリスクを甘受しながらやることだ。少しでも可能性があるならばどのようにでもしなければならないのが任務だ」。

ポルトガル戦終盤で顔面の保護マスクをはずして手に持って走った孫興民(ソン・フンミン)が試合後にミックスゾーンで明らかにした話だ。

孫興民は日本時間3日、カタールのエデュケーションシティスタジアムで開かれたサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会のグループリーグH組最終戦のポルトガル戦に先発出場し、2-1の勝利と劇的なベスト16進出に寄与した。特に1-1で拮抗した後半アディショナルタイムのドリブル突破後の絶妙なパスで黄喜燦(ファン・ヒチャン)の決勝ゴールをアシストした。先月初めに顔面手術を受けた孫興民はこの日試合途中にマスクをはずして手に持って走り付け直したりもした。

――所感は。

「所感が必要でしょうか、選手たちがとても誇らしい。記者たちも誇らしい瞬間だろう。選手たちが多く称賛されるべきで、とてもうれしい瞬間だが、次をさらに準備する立場では落ち着いて準備しなければならないようだ」。

――試合が終わって泣いたが。

「とてもうれしい。選手たちがどれだけ努力したのかよくわかっており、だれより近くで見たので。選手たちがここよりさらに高い位置に行くことができると考えるのでとてもうれしく、主将としてとても誇らしく感情的に本当に良かった。試合に勝つだろうと思った人は多くなかっただろうが、選手らはその信頼を最後まで放さず結果を作り出して良かった」。

――最後の突破の時に黄喜燦が見えたか。

「見てパスした。テレビで見ると見ずにパスしていると思ったりもするが、状況をみんな読んで常に短い時間で計算してパスする。私も70~80メートル走ってパスするのは簡単でない。私にも少しだけスペースがあったならシュートしようとしたが、あっという間にペナルティエリアで3~4人に囲まれ、黄喜燦が左からくるのが見えた。十分に渡せるスペースはなかったが、ここだと判断したのが脚の間だった。それが運良くボールがうまく入って黄喜燦が決めたことで良い場面を作れた」。

――ベスト16進出はどうなのか。

「とても良いが終わったのではない。ベスト16からさらに進めるように努力しなければならない。いま選手たちはとても喜んで感情的に浮き立っている。だがきょうまではこの感情を維持し、あしたからはまた新しい気持ちで他の試合を書けるようにしたい」。

<W杯サッカー>試合中にマスクはずして危険な疾走…孫興民が話すその瞬間(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>試合中にマスクはずして危険な疾走…孫興民が話すその瞬間(1)

    2022.12.04 12:55
    뉴스 메뉴 보기
    韓国サッカー代表チーム主将の孫興民が3日、W杯ベスト16進出が確定した後、国民に感謝の言葉を伝えた。[インスタグラム キャプチャー]
    TOP