주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>逆転負けのポルトガル監督「韓国は強いチーム…ベントと抱き合う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.03 14:25
0
ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、韓国戦に敗れて残念だが良い警告になったと評価した。

サントス監督は3日0時にエデュケーションシティスタジアムで行われたカタールワールドカップ(W杯)本大会H組第3戦、韓国ーポルトガル戦後のインタビューで、「韓国が強いチームであることは知っていた。集中力が非常に高いチームであり、我々も集中しなければならなかった」とし「勝利できればよかったが、韓国は強かった。我々には良い警告になった」と述べた。

この日、ポルトガルは前半5分に先制ゴールを決めてリードしたが、その後、韓国の金英権(キム・ヨングォン)と黄喜燦(ファン・ヒチャン)にゴールを許して1-2で敗れた。ポルトガルはグループリーグを2勝1敗で終え、組1位で決勝トーナメントに進出した。1勝1敗1分けとなった韓国は総得点でウルグアイを上回って組2位となり、残り1枚のトーナメント行きチケットをつかんだ。以下はサントス監督に対する一問一答

--韓国戦の結果に対する評価は。

「韓国が強いチームということは知っていた。集中力が非常に高いチームであるだけに、我々も集中しなければいけないことを知っていた。対応するために我々も戦略を立てなければならなかったし、攻撃に参加した選手たちも集中した。先制ゴールを決めた後に韓国が反撃してきたが、対応するために努力した。もちろん我々は前半によく対応した。20分頃まではよかったが、その後は集中力を失った。勝てばよかったが、韓国は強いチームであり、我々には良い警告になった」

--ロナウドは交代する時に不満そうだったが。

「韓国選手の行動に関連して気分を悪くしたようだ。早く行けというジェスチャーに気分が悪かったようだ」

--ポルトガル出身のパウロ・ベント監督がポルトガル代表の指揮官になることもあり得るが。

「ベントと私は非常に良い関係を維持している。良い同僚に会えばひとまず抱き合う」

--ロナウドは変化をまともに認知できていないのでは。

「韓国の選手が手振りをする場面を私が見た。その映像を見ればどういう状況かすべて分かるだろう」

--良くない試合結果の原因は。選手なのか、戦術なのか。

「すべての要因が結びついて表れた結果ではないかと思う。すべての要素が結びついてこういう結果が出たようだ」

--韓国選手1人がロナウドにジェスチャーをしたというが、正確にどういう状況だったのか。

「攻撃的なジェスチャーではなかったが、おそらく英語で何か言ったようだ。それでロナウドは気分が良くなかったようだ」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>逆転負けのポルトガル監督「韓国は強いチーム…ベントと抱き合う」

    2022.12.03 14:25
    뉴스 메뉴 보기
    ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督 キム・ヒョンドン記者
    TOP