주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>韓国・日本・豪州、アジアから3チームが16強入り…歴代最多

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.03 10:53
0
韓国代表が3日(日本時間)、強豪ポルトガルに劇的な逆転勝ちをして16強(決勝トーナメント)進出を決め、今回の2022カタールワールドカップ(W杯)は歴代大会で最も多くのアジアチームが16強入りした大会となった。

カタールW杯16強入りしたチームのうちAFC(アジアサッカー連盟)所属は韓国、日本、オーストラリアの3チームだ。W杯史上アジアチームが3チームも16強入りしたのは今回が初めて。

過去の大会ではアジアで開催された2002韓日W杯で開催国の韓国と日本が16強入りした。その後、2010年南アフリカW杯でまた韓国と日本が16強入りしたが、今大会のように3チームが決勝トーナメントに進出したことはなかった。

特に2006年ドイツW杯と2014年ブラジルW杯ではアジア4チームがすべてグループリーグで敗退した。今回のW杯本大会には韓国・日本・オーストラリアにイラン・サウジアラビア・カタールのアジア6カ国が出場した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>韓国・日本・豪州、アジアから3チームが16強入り…歴代最多

    2022.12.03 10:53
    뉴스 메뉴 보기
    黄喜燦(ファン・ヒチャン)が2日(現地時間)、W杯グループリーグH組第3戦のポルトガル戦で逆転ゴールを決めた後、パフォーマンスをしている。キム・ヒョンドン記者
    TOP