주요 기사 바로가기

【コラム】金正恩が娘キム・ジュエをICBMの前に立たせた理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.02 16:00
0
北朝鮮が先月18日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)火星17型を試験発射した当時、国際社会の関心は火星17型よりも金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の隣に立っていた白のコート姿の幼い娘キム・ジュエに向かった。

北朝鮮の金氏一家は代々、家族史を秘密にしてきた。金正日(キム・ジョンイル)総書記が複数の女性の間に子どもがいたが、住民は知らなかった。金正日死去の前、筆者の北朝鮮の友人が金正日の夫人、子どもの名前を尋ねたことがあった。彼は私が話すことを一つも聞き逃すまいと姿勢を正して聞いた後、その名前を何度も繰り返した。金正日と違って金正恩は2012月7月、国営メディアを通じて夫人の李雪主(イ・ソルジュ)を公開した。子どもについては一切知らせなかった。金正恩は娘キム・ジュエをなぜ今になって公開したのか。この政治的行為の目的は何か。

北朝鮮メディアによると、火星17型で北朝鮮の未来の世代を守るという金委員長のメッセージを伝えようとしてキム・ジュエを登場させたという。それならなぜ、子ども全員を呼んで良い父親のイメージを浮き彫りにしなかったのか。北朝鮮メディアはキム・ジュエを「尊貴なご息女」と表現したが、幹部の目にはICBM発射現場で金正恩の手を握っている子どもが後継者として映るしかない。

北朝鮮専門家らは金正恩-李雪主の間に娘2人、息子1人がいて、キム・ジュエは2番目の子どもとみている。なぜ第1子でなく第2子、それも娘を後継者として紹介したのだろうか。劣悪な北朝鮮の女性の地位を改善しようということなら国際社会が拍手を送ることだが、男性優位の封建的な北朝鮮社会で指導層の反発を顧みず、しかも長男を置いてなぜこのような選択をしたのだろうか。力と軍事的な力を見せる巨大なミサイルの前にキム・ジュエを立たせたのは、女性という点を相殺しようという努力ではないだろうか。

世襲はまだ遠い将来のことだ。幼いキム・ジュエをこのように早く前に出すことによって生じる問題がある。まずは成長しながら噂になる可能性だ。2001年に東京ディズニーランドを訪問しようとした金正男(キム・ジョンナム、金正恩の異母兄)の事例が良い例だ。金正恩の考えが変わる可能性も、政権反対勢力が後継者の周辺に集まる危険性もある。金日成(キム・イルソン)主席と金正日が後継者の発表に慎重だった理由だ。

一連のミサイル試験の成功で自信が高まった金委員長が、金氏一家の執権持続はもちろん、女性を後継者にするほど政権の基盤が固まったというメッセージを対内外に送るものだという見方もある。しかし「なぜ長男ではなく2人目の子どもを全世界に紹介するのか」という質問の答えにならない。政権の基盤が固まったのなら先代のようになぜ待つことができないのか。

一部では、金委員長の健康問題のため早くから後継者を紹介したという分析がある。今回のミサイル発射前の31日間、金正恩は姿を見せなかった。たとえ金正恩が長く生きられないとしても、権力を世襲するのにキム・ジュエはあまりにも幼い。妹の金与正(キム・ヨジョン)に権力を与えて家族の安全が保障されるディールをするシナリオの方が説得力を持つ。

9歳の娘をカメラの前に立たせるしかなかった他の理由は何か。2010年に生まれた息子(情報が正しければ)が指導者にふさわしくないと判断したという推論が可能だ。金正日も金正恩の兄・金正哲(キム・ジョンチョル)が柔弱だったため後継者から除外したと知られている。しかし指導力を判断するのに12歳はあまりにも早い。なら身体的、あるいは精神的な問題があるのはでないか。ある脱北者によると、金正恩は元恋人の玄松月(ヒョン・ソンウォル)との間に息子が1人いるという。玄松月は今でも金正恩に時々随行する。玄松月との権力争い中、李雪主が金正恩にキム・ジュエを早く後継者として公開するよう圧力を加えたのでないだろうか。もし李雪主の息子に問題があるのなら、このような主張はさらに説得力を得る。朝鮮時代の宮廷政治の姿だ。

筆者は何度か北朝鮮政権が直面した、しかし対策のない問題、すなわち経済とコロナなどに言及した。北朝鮮首脳部に最も大きな脅威は政権の不安定性だ。キム・ジュエの出現はこれと無関係ではないだろう。確立された行動綱領に徹底して従う北朝鮮で、指導者が9歳の娘を後継者としてメディアの前に立たせるのは奇異なことだ。北朝鮮の幹部も驚いただろう。北朝鮮政権の首脳部で何かが起きているようだ。それが正確に何であるかは、いつか分かることになるだろう。

ジョン・エバラード/元平壌駐在英国大使

◇外部執筆者のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP