주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「アウトでない」…VARも助けた 日本が生き残った決定的場面

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.02 13:47
0
サッカー日本代表がスペイン代表に逆転勝ちし、16強(決勝トーナメント)進出を決めた。ただ、VARまで動員された逆転ゴールを関する声はまだ続いている。

森保一監督が率いる日本代表は2日(日本時間)、ハリファ国際スタジアムで行われた2022カタールワールドカップ(W杯)グループリーグE組第3戦でスペイン代表に2-1で逆転勝ちした。

日本は前半11分、スペインのFWアルバロ・モラタにヘディングで先制ゴールを許し、その後も消極的に試合を運んでいた。しかし後半3分に堂安律の強力な左足シュートが決まって同点に追いつくと、後半6分には田中碧がゴールを決めて逆転勝ちした。

2点目は堂安が右サイドから出したパスを三笘薫が折り返し、田中が膝で押し込んで得点に成功した。しかし三笘が折り返す際、ボールはエンドラインを越えていたかどうかの確認に長い時間がかかった。審判の最初の判定は、ゴールをアシストした三笘のパスの前にボールがラインから出たとみて得点と認めなかったが、その後すぐにVAR判定に入った。

当時、李承佑(イ・スンウ)SBS解説委員は三笘のパスの映像を見て「(ラインから)出ました。ゴールラインアウトに見えます」と話し、安貞桓(アン・ジョンファン)MBC解説委員は「(ゴールラインに)かかっているかもしれません。微細なところは私たちには見えないので」と伝えた。

長いVAR判読の末、ボールはゴールラインから完全には出ず、わずかにラインにかかっていると判断され、結局、日本のゴールが認められた。

海外スポーツメディアもこの場面に注目した。サッカーファンもツイッターで「ボールがラインの外に出たようだ」「別の角度からみるとわずかにかかっている」などと意見が分かれたが、慣性測定センサー(IMU)が付いているので正確な判読が可能なVARシステムを信頼すべきだという声も多かった。英BBCのアリスター ダーデン解説委員も自身のツイッターで「上からボールを見下ろす角度が最も重要だ」とし、この場面を眺める視点の重要性を説明した。

これで日本は「無敵艦隊」ドイツに続いてスペインまでも降し、死の組を通過した。日本は勝ち点6となり、この試合前まで1位だったスペイン(勝ち点4)を抜いて組1位で16強入りした。F組でもロシアW杯3位のベルギーが敗退し、16強戦で日本はF組2位のクロアチアと、スペインはF組1位のモロッコと対戦する。

現在まで確定した16強対戦表によると、日本-クロアチア戦の勝者はG組1位とH組2位の勝者と準々決勝で対戦することになる。現在G組1位は16強進出が決まっているブラジルになる可能性が高い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP