주요 기사 바로가기

中露爆撃機、韓国防空識別圏侵犯後に相手国の基地に交差着陸

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.02 07:58
0
中国とロシアの戦略爆撃機が先月30日、韓国防空識別圏(KADIZ)などで共同でパトロール飛行をしたことに続き、相手の基地に交差着陸する訓練まで行った。中国とロシアの軍事協力拡大のシグナルという見方が出ている。

ロシア国防省はこの日、「航空宇宙軍の戦略爆撃機『ツポレフTu-95』と中国人民解放軍の戦略爆撃機『H-6K』で構成された航空編隊が東シナ海と東海(トンへ、日本名・日本海)で共同のパトロール任務を遂行した」と明らかにした。また「ロシアと中国軍用機が合同巡察の目的で互いの飛行場に着陸したのは今回が初めて」とし「国際法条項に従他国の領空を侵害しなかった」と付け加えた。

同日、韓国合同参謀も中国とロシア軍用機が南海と東海のKADIZに事前通知なしに進入したと明らかにした。KADIZは領空ではないが、ここに進入する外国軍用機はあらかじめ知らせるのが慣例だ。

編隊はロシアの「Tu954」とこれを護衛する「Su-352」、中国「H6K2」で構成されている。Tu-95は、米国の戦略爆撃機「B-52」に対抗する長距離戦略爆撃機で、最大離陸重量が200トンに達する。北大西洋条約機構(NATO)の名称は「Bear」で、冷戦時代に米国に核爆弾を投下できるように設計された。H-6Kは中国軍の戦略爆撃機H-6の改良型で、最大離陸重量は79トンだ。最新バージョンは先端巡航ミサイルを搭載したという。

軍事専門メディアのザ・ドライブは、ソーシャルメディアに掲載された映像分析を通じて、ロシア軍のTu-95が極東のアムール州にある空軍基地を出発し、中国浙江省の空軍基地に着陸したものと観測されると、同日報じた。また、Tu-95は約8時間飛行し、中国基地から給油を受けた可能性があると付け加えた。中国軍用機もロシア基地に着陸したが、そこがTu-95が発進した場所かどうかは確認されていない。双方の軍用機が互いの飛行場に着陸する形は異例だと、ザ・ドライブは伝えた。

この日、ルーマニアで開かれたNATO外相会議に出席したアントニー・ブリンケン米国務長官は「NATOは中国の軍事力増強とロシアとの協力を懸念している」と明らかにした。NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長も中国の軍事力増強に関し、「われわれが迎えた挑戦は世界的な問題だ。NATOの枠組みの中で対応しなければならない」と述べた。日本も反発した。松野博一官房長官はこの日の記者会見で「韓国に対する示威行動を明確に意図したもので、安全保障上、重大な懸念だ」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中露爆撃機、韓国防空識別圏侵犯後に相手国の基地に交差着陸

    2022.12.02 07:58
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアの戦略爆撃機「Tu-95」(上)と中国の戦略爆撃機「H-6」。この戦略爆撃機は核攻撃能力を備えている。[ユーチューブ キャプチャー]
    TOP