주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>日本、「死の組」1位で16強入り…ドイツは2大会連続GL敗退

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.02 07:51
0
日本がカタールワールドカップ(W杯)の「死の組」と呼ばれたE組を1位で通過し、「ドーハの奇跡」を完成させた。「無敵艦隊」スペインが2位でかろうじて16強(決勝トーナメント)に進出し、「戦車軍団」ドイツは4年前に続いて2大会連続のグループリーグ(GL)敗退となった。

日本は2日午前4時(日本時間)、カタール・ドーハのハリーファ国際スタジアムで行われた2022国際サッカー連盟(FIFA)カタールワールドカップ(W杯)本大会E組第3戦でスペインに2-1で勝利した。

ドイツ(2-1勝利)だけでなくスペインまでも降した日本はグループリーグを2勝1敗(勝ち点6)で終え、組1位で16強入りを果たした。最終戦で日本に敗れたスペインは1勝1敗1分けの勝ち点4でドイツと並んだが、得失点で上回り、組2位での16強進出となった。

日本はグループリーグ第1戦でドイツに2-1で逆転勝ちしたが、今回も「ドーハの奇跡」と呼ぶほどの大逆転ドラマだった。日本は前半11分にスペインのFWアルバロ・モラタに先制ゴールを許し、不安な滑り出しだった。スコアだけでなく試合内容もスペインが一方的優勢だった。前半は完全にスペインにボールを支配され、主導権を握れなかった。

森保一監督の用兵術が後半に入って大反転を呼んだ。後半開始と同時に堂安律と三笘薫を投入したのが的中した。後半3分、相手陣でボールを奪った日本は堂安のシュートで同点に追いついた。

勢いに乗った日本は2分後、逆転に成功した。三笘が左サイドのエンドライン上から折り返したクロスにゴール正面に入り込んだ田中碧が膝で押し込んだ。VARを経て田中のゴールが認められると、観客席の日本ファンの大歓声が競技場に響いた。

その後、スペインが攻勢に出てゴールを狙ったが、日本は組織力で硬い守備を見せ、最後までリードを守り抜いた。

一方、同じ時間に行われたドイツ-コスタリカのE組第3戦はドイツが勝利した。コスタリカの善戦が続いたが、ドイツは後半に勝機をつかんで連続得点し、4-2で勝った。しかし得失点でスペインを下回り、組3位で16強入りはならなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>日本、「死の組」1位で16強入り…ドイツは2大会連続GL敗退

    2022.12.02 07:51
    뉴스 메뉴 보기
    歓呼する日本代表チーム (写真=FIFA SNS)
    TOP