주요 기사 바로가기

尹大統領のぶら下がり取材…「必要だ」44%、「必要でない」52%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.01 17:52
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領のぶら下がり取材中断の責任は尹大統領の不適切なメディア観にあるという回答が57%を記録した世論調査結果が1日に発表された。

世論調査会社エムブレーンパブリック、Kスタットリサーチ、コリアリサーチ、韓国リサーチが先月28~30日に満18歳以上の1003人を対象に実施した全国指標調査(NBS)の結果、ぶら下がり取材中断の責任として「尹大統領の不適切なメディア観」を挙げた回答者は57%となった。

「MBC記者の無礼な発言態度」を選択した回答者は31%だった。

また、ぶら下がり取材は「必要でない」という回答は52%で、「必要だ」の44%より多かった。

尹大統領の職務遂行評価に対する肯定評価は32%で、約2週間ぶりに30%台を回復した。2週間ごとに実施されるNBS調査で尹大統領の国政運営肯定評価は10月第3週と11月第1週に31%だったが11月第3週には29%まで下落していた。

否定評価は直前の調査より2ポイント下がった60%を記録した。

国政運営肯定評価の理由として「公正で正しい」という回答が32%で最も多く、「決断力がある」と答えた回答者は29%だった。

否定評価の理由は、「独断的で一方的なので」が38%、「経験と能力が不足している」が30%などとなった。

政党支持率は与党「国民の力」が32%、「共に民主党」が34%で、「国民の力」は2ポイント、民主党は1ポイントそれぞれ上昇した。正義党の支持度は直前調査と同じ4%だった。支持する政党がなかったりわからないという回答は28%で、直前調査の32%よりやや下落した。

今回の調査は携帯電話仮想番号(100%)を利用した電話面接で行われた。標本誤差は95%信頼水準で±3.1ポイントだ。回答率は15.7%だった。

詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会のホームページに掲載されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP