주요 기사 바로가기

洪錫ヒョン中央ホールディングス会長「韓米同盟に対抗する中露朝共同戦線、韓国外交の新たな挑戦」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.01 15:04
0
洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)中央ホールディングス会長が中央日報-CSIS(米戦略国際問題研究所)フォーラムの開会の辞で、韓米同盟強化に対抗して中露朝3国が共同戦線を形成する韓半島(朝鮮半島)の安保状況を「韓国外交が直面した新たな挑戦」と規定した。「韓半島と周辺情勢は過去のいつよりも複雑で緊張が高まっている」と述べながらだ。

洪会長は「米中の競争と対立は激化し、ロシアのウクライナ侵攻は国際秩序を混沌とした状況にしている」とし「米国をはじめとする西側を一方とし、ロシアと中国を別の一方とする陣営対決様相が展開していて、こうした構図は東アジアにもそのまま投影されている」と診断した。

続いて「北は米中競争とウクライナ事態以降に形成された西側と中露の対立構図が挑発に有利な環境を提供すると見ているようだ」とし「(北は)中露の立場に積極的に同調して米国の政策を非難する一方、中露は北の挑発に制裁を加えようとする韓国と米国の動きを防いでいる」と説明した。

北朝鮮が米中競争による新冷戦構図を戦略的に活用する一方、中露を防壁として武力挑発の程度を高めているという分析だ。実際、中露は5月、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に対する国連安全保障理事会の追加の対北朝鮮制裁決議に拒否権を行使した。

また洪会長は「韓国と米国が新たに近づく挑戦的な状況にうまく対処するためには、相互信頼を基礎に同盟を強化しなければいけない」と強調した。また「韓国と米国はあらゆるレベルの緊密な対話チャンネルを円滑に稼働し、中露朝が狙う韓米両国の隔たりと葛藤状況を最小化する必要がある」と述べた。

◆中央日報-CSISフォーラム

2011年から中央日報と米戦略国際問題研究所(CSIS)が共同主催している国際フォーラム。韓国と米国の元・現対外政策立案者をはじめとする両国の代表的な外交・安保専門家が北東アジア情勢と未来のアジアの平和に関する対策を提示する。フォーラムはソウルとワシントンで交互に開催されるが、過去2年間は新型コロナ拡大防止のためにオンラインで行われた。1962年に設立されたCSISは米政府の外交・安保政策に大きな影響力を及ぼす国際的なシンクタンク。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    洪錫ヒョン中央ホールディングス会長「韓米同盟に対抗する中露朝共同戦線、韓国外交の新たな挑戦」

    2022.12.01 15:04
    뉴스 메뉴 보기
    洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)中央ホールディングス会長が1日、中央日報-CSISフォーラムの開会の辞で、米中競争による新冷戦と陣営対決を韓国外交が直面した新たな挑戦と規定した。 ウ・サンジョ記者
    TOP