주요 기사 바로가기

【コラム】梨泰院事故、その無感覚と無理解

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.01 11:22
0
バッグ124個、服258着、靴255足。主人を失った物が集められた多目的室内体育館。貴い若い命158人が群衆に押されて倒れ死亡した。セウォル号事故後韓国で最も多くの若者が世を去り、世界が悲しんだ。

この惨憺とした時期に私たちが最初にすべきことは、子どもたちの魂のために祈ることだ。突然死んだ魂がどれほど当惑しているかを思うと胸が痛い。まだやりたいことや行きたい所も多かったはずなのに、どれだけ生きたかったかを思うとそのくやしい魂のために祈らざるをえない。

犠牲者の両親のためにも祈らなければならない。遊びにでかけた子どもが冷たい遺体になって戻ってきた時の心情をだれが推し量ることができるだろうか。子どもに先立たれた両親は生きていても生きているようでない。「あの時私が止めていたならば」と言いながら自責から抜け出すことができない。友達と恋人を失った生存者も見守らなければならない。生き残った人もやはり申し訳ない思いと自責感から日常に戻り難い。彼らの心を推し量ってそばにいてあげなければならない。死んだ子どもたちも私たちがそうすることを望んでいるようだ。

ところで一部非常識な者が遺族らに2次加害を加えている。子どもたちにお供えをした住民に偶像崇拝とか巫俗信仰だと言いながら石を投げる者は共感能力不在者だ。彼らは信心が深い者ではなく宗教性格障害者、狂信徒だ。心に愛と憐憫がない信仰は善ではなく悪に起因する。

自称道士という「天供」という者の発言も常識の限度を超えた。子どもたちの死によって私たちが世界的な関心の対象になったので今後韓国の地位がさらに高まるという妄言はセウォル号の時に神様が子どもたちを韓国のいけにえにしたと話した牧師を思い起こさせる。下流巫俗人が権力にへつらって地位を固めようとする姿は奇怪でぞっとする。大統領に竜の気勢があふれる竜山(ヨンサン)に行けと勧めたのが天供だが、至近距離で惨事が起き占いが外れると問責されるのを恐れて言い逃れたという話も飛び交う。

また、遊んでいて死んだ子どもたちに政府が何の責任があるのかと言いながら政府の肩を持つ者には「自分の子どもが死んでもそう言えるのか」問い返したい。残忍な話を吐き出す者は恐れを持たなければならない。自分の口から出た話がブーメランになり災害がやってくるかも知れないためだ。

こうした惨事の再発を防ぐために政府は何をするべきか。まず青年文化を理解しなければならない。今回の事故の最初の原因は政府が青年たちを理解できなかったことだ。静かなところで休みたがる老人たちと違い、青年たちは混雑する所に身を寄せながら生きる楽しみを感じる。老人たちは心理的安定を重視して興奮するなというが、青年たちは楽しく生きることが刺激的な興奮だ。

なぜそうなのか。青年たちは持つものもなく未来も不安定だ。こうした状況に1人でいればますます憂うつになる。そこでストレスを解消するために、生きる楽しみを感じるために群衆の中に飛び込むのだ。また、個人が集団の中に埋もれれば理性を失ったり、秩序が崩れたりもするため、あらかじめ多くの警察兵力を投じて統制すべきだった。青年たちに対する無理解が惨事を呼んだのだ。

2番目に、大統領より国民の安全を優先視しなければならない。大統領と青年のうちより重要なのは当然青年たちだ。大統領は何年かすれば任期が終わるが、青年たちはこの国を率いて行く未来の柱だ。当然だれよりも優先視されなければならない。

しかし韓国は青年たちより大統領1人の安全をより優先視する。途轍もない数の青年たちに向けては少数の警察だけが投入されたのに対し、梨泰院(イテウォン)近くの大統領執務室には二重三重の警護フェンスが立てられた。警護の順序が入れ変わったのだ。

事故後の政府の対応は望ましいものだったか。組織の資質は逆境に置かれた時に現れる。いま政府は閣僚が異口同音に責任を回避し弁解するのに汲々としている。ウサギの耳の帽子をかぶったスケープゴートを探し、警察に濡れ衣を着せ、消防署員を問責し、あらゆる幼稚な姿を見せる。

動物学者のある実験が話題になった。熱い地面に子どもを置いたところ、メスは子どもを抱いて自分が熱い地面に座るのに対し、オスは子どもを下敷きにして座ったという実験。そのオスの姿がオーバーラップされる。このように無責任な者が今後数年さらに韓国の国政運営をするというのだから不安なことこの上ない。

ホン・ソンナム/カトリックスピリチュアル心理相談所長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】梨泰院事故、その無感覚と無理解

    2022.12.01 11:22
    뉴스 메뉴 보기
    梨泰院事故の犠牲者を追悼する外国人がソウル龍山区(ヨンサング)梨泰院駅1番出口の前に追悼の花を置いている。キム・ソンリョン記者
    TOP