주요 기사 바로가기

脱北韓国与党議員、「金正恩の娘に北幹部が腰を曲げてあいさつ…金日成時代でもなかったこと」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.01 09:40
0
与党「国民の力」の太永浩(テ・ヨンホ)議員が、最近北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の2番目の娘と推定されるキム・ジュエが公式席上に相次いで登場したことと関連し、「キム・ジュエに対し北朝鮮の4つ星将軍に進級した人たちが90度のお辞儀をしたのを見て本当に驚いた」と話した。

元北朝鮮外交官の太議員は先月30日、SBSラジオの時事番組で「(金正恩委員長の)娘は腰を伸ばした状態で手を差し出し、北朝鮮の幹部が腰を曲げてあいさつした」としてこのように明らかにした。

太議員は「金正恩の娘と幹部の関係はおじいさんと孫娘の間。金正恩自身も周囲にいるすべての幹部が自分の父親に当たるのだから自分の娘とその周囲の人々はおじいさん」と話した。

続けて「北朝鮮も韓国とほとんど似ている。儒教文化なのでいくらご子息だといっても北朝鮮の幹部が未成年者に腰を曲げてあいさつをするだろうか。金日成(キム・イルソン)時代にはなかった」と話した。

太議員は「金日成が金正日(キム・ジョンイル)や金敬姫(キム・ギョンヒ)を連れて行けば北朝鮮の幹部は手を後ろに組んでむしろ金日成がおじいさんたちにあいさつし、おじさんたちにあいさつした。金正日が未成年の時はあいさつした。どこの幹部が王女にあいさつするようにあれほど腰を曲げてあいさつするか。こうしたことはなかった」と話した。

太議員はこうした変化についてて「この機会を通じて今後4代まで行くということを確実に刻印させる作業に入ったのだと考えた」と推測した。

ただ太議員は「今回娘を公開し、その上に(北朝鮮国営メディアが)『尊貴な』を付けたからとこれが後継構図かとそこまでは思わない。世襲構図で未成年の時にこの子が後継者だ、このように確定するのはまれなこと」と述べた。

また「デイリーNKの報道によると、北朝鮮が主要党幹部を対象に公示文を送ったという。そこにどのように表現されているのかというと、『白頭血統の尊いご子息たちは』と複数型を使った。これはどういうことかといえば、いま金正恩に子息が数人いる。しかし彼らはみんな偉大な土台であり、今回2番目の娘を公開したからと、この子だというのは違う(ということ)」とした。

太議員は「金正恩も未成年の時には公開しなかった。それが金正恩を公開する時にどのように住民たちに話したかといえば3歳の時に銃を撃って当て自動車を運転したということではないか。おそらく金正恩に息子がいるならば息子の公開作業をする時には非常な偶像化宣伝でするだろう」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    脱北韓国与党議員、「金正恩の娘に北幹部が腰を曲げてあいさつ…金日成時代でもなかったこと」

    2022.12.01 09:40
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長
    TOP