주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「私の最後の疾走」 ポルトガル戦に乱入した「虹色の旗」男性の正体

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.30 10:16
0
元サッカー選手の人権運動家が2022カタールワールドカップ(W杯)に試合に乱入し、ウクライナとイラン女性の人権のためのメッセージを送った。

28日(現地時間)のCNNによると、この日、ルサイルスタジアムで行われたW杯グループリーグH組第2戦のポルトガル-ウルグアイ戦の後半序盤、虹色の旗を持った男性が競技場に乱入し、試合がしばらく中断した。競技場に乱入した男性は元サッカー選手であり現在人権運動家として活動するイタリア国籍のマリオ・フェリー(35)だ。

フェリーは「ウクライナを救おう」「イラン女性に敬意を」と書かれたティーシャツ姿で虹色の旗を持って競技場に乱入した。虹の模様は今大会を控えて話題になった象徴物だ。

国際サッカー連盟(FIFA)は今回のW杯で選手が「差別に反対する」という意味を込めたレインボー腕章を着用するのを禁止し、反発を招いた。虹色の旗を持ったフェリーは競技場の安全要員に捕まって連れ出された。その後、フェリーはインスタグラムで「私は拘禁さえていない。現在自由な状態」とし「サッカー場で私の最後の疾走をした」と明らかにした。

そして「女性が尊重されず、苦痛を受ける友人がいるイランに向けてメッセージを伝えたかった」とし「レインボー腕章を禁止したFIFAは私を防ぐことができないことをロビンフッドのように表現した」と伝えた。

また「ウクライナを救わなければいけない。私はキーウで1カ月間過ごし、ウクライナの国民がどれほど苦痛を受けているかを見た」とし「大義のために規則を破るのは決して犯罪ではない」と主張した。

英デイリーミラーは「フェリーはサッカー選手として大きな成功をつかめなかった。インド2部リーグでプレーしたのが最後の記録」とし「人権運動家として活動する彼は最近ポーランドでウクライナの難民を支援した」と報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「私の最後の疾走」 ポルトガル戦に乱入した「虹色の旗」男性の正体

    2022.11.30 10:16
    뉴스 메뉴 보기
    マリオ・フェリーのSNSキャプチャー
    TOP