주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>韓国W杯解説委員、放送中に日本勝利からコスタリカ勝利に予測変更

ⓒ 中央日報日本語版2022.11.28 12:01
0
SBSのカタールワールドカップ(W杯)中継解説委員の李承佑(イ・スンウ)が日本の消極的な試合運びに遺憾を表した。

28日午後7時(以下、日本時間)からアフメド・ビン・アリ・スタジアムで行われたグループリーグE組第2戦の日本-コスタリカ戦は、コスタリカが1-0で勝利した。

この試合の前、SBS中継陣の朴智星(パク・チソン)と李承佑は試合結果を予測しながら注目する選手を挙げた。世界のすべてのメディアと同じくドイツに勝って勢いづく日本の勝利を予想していた朴智星はこの日、日本のベストイレブンを確認した後、「フィールドプレーヤーの半分のラインナップが変わった。用兵術に相当なリスクがありそうだ。引き分け、またはコスタリカの勝利に変える」と勝利の予測を変更した。

李承佑はキープレーヤーにスペイン戦で7失点をしたコスタリカのGKケイロル・ナバスを挙げて目を引いた。李承佑は「危機の時に必要なのがベテランの力。今日の試合は無失点を予想する」とし「今日の試合はパスサッカーの日本と逆襲サッカーのコスタリカという構図になるだろう」と予想した。

朴智星と李承佑が予測したように試合はコスタリカの勝利で終わった。李承佑は試合後、「さつまいも3個を続けて食べたような試合だった」と、試合内容のもどかしさを表現した。また最も優秀だった選手を選んでほしいという質問に、李承佑は「追加時間を短く与えた審判もMVP」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>韓国W杯解説委員、放送中に日本勝利からコスタリカ勝利に予測変更

    2022.11.28 12:01
    뉴스 메뉴 보기
    カタールW杯期間中、中央日報の解説委員として参加する李承佑(イ・スンウ) キム・ヒョンドン記者
    TOP