주요 기사 바로가기

サムスンとTSMCの受注戦激化、来年のファウンドリー勝者は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 11:36
0
半導体ファウンドリー(委託生産)業界のライバルであるサムスン電子と台湾TSMCの受注戦がますます激しくなっている。

海外ITメディアのWCCFテックなどは27日、IT情報流出者「コナー」のツイッター投稿を引用し、「クアルコムがサムスンを活用して次世代スナップドラゴンチップを量産してTSMCにも生産を任せるマルチファウンドリー案を検討してきた。TSMCが3ナノメートルプロセスを遅れ続けているという主張があるが、これはサムスン電子が来年スナップドラゴン8第3世代を3ナノGAA(ゲートオールアラウンド)プロセスで量産する可能性が大きくなったという意味」と報道した。

業界によると、クアルコムは以前のモデルであるスナップドラゴン8第1世代の生産はサムスン電子、スナップドラゴン8プラス第1世代と第2世代の生産はTSMCに任せた。

これに対し台湾のあるメディアはサムスン電子のファウンドリーを主に利用したテスラが4・5ナノプロセス製品をTSMCに任せるだろうと報道した。TSMCがテスラの次世代完全自動運転(FSD)チップを受注したという内容だ。

両社の競争に対する関心が高まる中で、サムスン電子は15日にシンガポールで投資家フォーラムを開きファウンドリー事業戦略を公開した。サムスン電子ファウンドリー事業部のシム・サンピル副社長は「4・5ナノプロセスではTSMCに遅れをとったが3ナノだけはサムスンがゲームチェンジャーになるだろう」と自信を見せた。サムスン電子は6月に世界で初めてGAA基盤の3ナノプロセスの量産を始めたが、TSMCは3ナノ量産を7月から年末に延期したとくいう。シム副社長は「多くの顧客が深刻な地政学的リスクから別の企業へのシフトを準備している。2027年までに顧客数を現在の5倍以上に増やしたい」と話した。

ハイ投資証券のソン・ミョンソプ研究員は「サムスン電子は3ナノ競争でGAAが持っている速度と電力消費量の優位を基に顧客確保戦略を展開するだろう。十分な量を適時に供給できるかと低い利益率をどのように克服するかがカギ」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスンとTSMCの受注戦激化、来年のファウンドリー勝者は

    2022.11.28 11:36
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンとTSMC
    TOP