주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>孫興ミンをレッドカードで退場させた審判…韓国-ガーナ戦の主審に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 10:05
0
サッカー韓国代表の2022カタールワールドカップ(W杯)グループリーグ2戦目のガーナ戦では、イングランドプロサッカープレミアリーグ(EPL)のアンソニー・テイラー審判(44、イングランド)がホイッスルを吹く。

23日(日本時間)に国際サッカー連盟(FIFA)が発表した名簿によると、28日午後10時にエデュケーション・シティ・スタジアムで行われる韓国-ガーナのW杯グループリーグH組第2戦の主審はテイラー氏に決まった。テイラー氏は2010年からEPLで活躍しているベテラン審判。現在はEPLを看板審判と呼ばれている。

EPLで活動しているだけに韓国代表の主将・孫興ミン(ソン・フンミン、EPL)がプレーした試合でも何度か審判を務め、孫興ミンを退場させたこともある。2019年12月にチェルシーとの2019-20シーズン第18節の試合で孫興ミンは相手DFアントニオ・リュディガーと競り合って倒れる際に足を上げた場面で、ビデオ判定(VAR)の末、レッドカードを受けた。3試合出場停止の懲戒が下されると、トッテナムが反発して控訴したが、イングランドサッカー協会(FA)が棄却してそのまま確定した。

テイラー氏は今季(2022-23シーズン)EPL序盤の8月、チェルシー-トッテナム戦では両チームの監督にレッドカードを出した。判定に不満を抱いたチェルシーのトーマス・トゥヘル監督がトッテナムのアントニオ・コンテ監督の得点パフォーマンスの時に近寄って胸をぶつけ、試合後に握手する時はトゥヘル監督がコンテ監督の手を強く握って放さず衝突直前の状況となり、両監督ともに退場させられた。当時、トゥヘル監督はトッテナムが得点した時にオフサイドやファウルの判定がなかったと批判した。またテイラー審判がチェルシー戦に担当しないことを望むと語った。

国際審判としては2013年から活動した。昨年6月に開催された2020欧州サッカー選手権(ユーロ2020)当時、フィンランド-デンマークのグループリーグB組第1戦での活躍は有名なエピソードだ。この試合ではデンマークのMFクリスティアン・エリクセン(マンチェスター・ユナイテッド)が心臓発作で意識を失って倒れた試合だ。当時、テイラー氏は早く医療スタッフをグラウンドに投入するなど迅速に対処し、エリクセンへの応急処置が円滑に行われたという評価を受けた。今回の韓国-ガーナ戦ではテイラー氏と同じイングランド出身のゲリー・ベジク氏、アダム・ナン氏が副審として呼吸を合わせる。VAR審判はトマシ・クビアトコフスキ氏(ポーランド)。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>孫興ミンをレッドカードで退場させた審判…韓国-ガーナ戦の主審に

    2022.11.28 10:05
    뉴스 메뉴 보기
    16日、カタール・ドーハのアル・エグラ・トレーニングセンターで黒のマスクを着用して練習に参加した孫興民(ソン・フンミン)。頬骨と鼻の周囲を覆う形で、側面には白の背番号「7」が入っている。 キム・ヒョンドン記者
    TOP