주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>8年前の0-4屈辱晴らせるか…韓国vsガーナ「W杯初対戦」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 09:20
0
サッカーの韓国代表とガーナ代表は過去に6回対戦している。対戦成績は引き分けなく3勝3敗だ。28日に行われる2022カタールワールドカップ(W杯)グループリーグH組第2戦は両国の歴代7回目の対戦であり、初のW杯での対戦となる。

両チームは1983年6月15日にソウル東大門(トンデムン)運動場サッカー場で開催された大統領杯国際サッカー大会準決勝で歴史的な初対決をした。この大会は1971年から1999まで大韓サッカー協会の主管で開催された国家対抗戦だったが、ガーナ代表が初めて韓国を訪問して試合をした。

当時、韓国はA組予選5戦全勝の組1位で、ガーナはB組2位(2勝2敗)で4強入りした。ガーナの選手2人が退場となる肉弾戦の末、韓国のイ・テホがこの試合の唯一のゴールを決めて1-0で勝利した。歴代ガーナ戦のうち最も得点が少ない試合だ。

両チームは1997年6月14日、水原(スウォン)で再会した。名称がコリアカップに変わった同じ大会の予選試合だった。韓国は14年ぶりに対戦したガーナを3-0で撃破した。徐正源(ソ・ジョンウォン)、崔龍洙(チェ・ヨンス)、崔文植(チェ・ムンシク)が順にゴールを決めて力の差を見せた。

しかし韓国は2006年に行われた親善競技でガーナに3ゴールを許した。2006年6月4日にスコットランドで対戦し、1-3で敗れた。韓国は李乙容(イ・ウルヨン)が得点した。

10月8日にソウルW杯競技場で行われた同年2回目の親善試合でも1-3で敗れた。韓国は金東ヒョン(キム・ドンヒョン)の1得点に終わった。

通算2勝2敗となった両チームは5年後の2011年6月7日に全州(チョンジュ)で親善試合をした。今度は韓国が池東源(チ・ドンウォン)と具滋哲(ク・ジャチョル)の連続ゴールで2-1で勝利した。「韓国キラー」のアサモア・ギャンが得点したが、韓国はこの1点に抑えた。1997年以来14年ぶりの雪辱となった。

ただ、2014年6月9日の対戦では韓国サッカーが大きな傷を負った。韓国はブラジルW杯本大会を控えて行ったガーナとの親善試合で0-4で惨敗した。韓国の警戒対象だったジョルダン・アイェウが3ゴールを決めてハットトリックを達成し、ギャンも1得点して韓国戦4試合連続ゴールとした。一方、韓国は1得点もできず無気力に敗れた。

韓国とガーナは8年5カ月ぶりに、それもW杯の舞台で史上最も重要な一戦を迎えることになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>8年前の0-4屈辱晴らせるか…韓国vsガーナ「W杯初対戦」

    2022.11.28 09:20
    뉴스 메뉴 보기
    BTSのジョングク(前列中央)が韓国サッカー代表チームの練習場であるドーハのアル・エグラ・トレーニングセンターを訪れ、孫興民など代表選手たちと記念撮影を行った。[写真 大韓サッカー協会]
    TOP