주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「ポルトガル守備の核心」ペレイラが肋骨3本骨折...韓国戦は欠場か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 08:48
0
韓国が2022カタールW杯グループリーグ最終戦で対戦するポルトガル代表のDFダニーロ・ペレイラ(31、パリ・サンジェルマン)が肋骨を負傷した。現在の状況では韓国との最終戦に欠場する可能性が高い。

ポルトガルサッカー協会は27日(日本時間)、ホームページでペレイラの負傷について伝えた。ポルトガル協会によると、ペレイラは前日の代表チームの練習中に負傷し、精密検査を受けた。その結果、右肋骨3本の骨折と診断された。重傷だ。ポルトガルメディアは、ペレイラが残りのグループリーグ2試合に出場できないうえ、ポルトガルがグループリーグを通過して決勝トーナメントに進出しても出場は不透明だと報じた。

ペレイラは守備型MFと中央DFをこなす。今回のW杯ではDFとして出場した。ガーナとのグループリーグH組第1戦ではルーベン・ディアス(マンチェスターシティ)と共にポルトガルの中央DFとしてフル出場し、ポルトガルの3-2勝利に寄与した。

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督は悩みが深まった。29日にウルグアイとのグループリーグH組第2戦に出場する代わりの選手を決めなければいけない。続いて12月3日にはパウロ・ベント監督(ポルトガル)が率いる韓国代表とグループリーグ最終戦を行う。ポルトガルは現在、勝ち点3でH組1位。2位は韓国とウルグアイ(以上、勝ち点3)、4位はポルトガルに敗れたガーナ(勝ち点0)。韓国-ウルグアイは初戦で0-0で引き分けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「ポルトガル守備の核心」ペレイラが肋骨3本骨折...韓国戦は欠場か

    2022.11.28 08:48
    뉴스 메뉴 보기
    2022カタールワールドカップのロゴ。
    TOP