주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>日本・サウジに続く大番狂わせ…モロッコが世界2位ベルギーを撃破

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 08:09
0
2022カタールワールドカップ(W杯)では「番狂わせ」が続いている。アフリカの伏兵モロッコが国際サッカー連盟(FIFA)ランキング2位の「スター軍団」ベルギーを破る波乱を起こした。モロッコは22位だ。

モロッコ代表は27日(日本時間)、カタール・ドーハのアルトゥマーマスタジアムで行われたカタールW杯グループリーグF組第2戦でベルギー代表に2-0で勝利した。これを受けモロッコ(勝ち点4)は1勝1分けとなり、ベルギー(勝ち点3、1勝1敗)に勝ち点で上回った。

モロッコは24年ぶりにW杯本大会で勝利した。モロッコは1998フランスW杯グループリーグでスコットランドに3-0で勝利した。4年前のロシアW杯ではグループリーグ2敗1分けで敗退した。

一方、ベルギーはW杯グループリーグ8連勝はならなかった。ベルギーは2014ブラジルW杯と2018ロシアW杯でグループリーグ全勝だった。24日のカナダとのグループリーグ第1戦では1-0で勝利し、W杯グループリーグ7連勝とした。

モロッコは後半28分、FKのチャンスを得点に結びつけた。ベルギーは後半36分、ストライカーのロメル・ルカクを投入した。ルカクはハムストリングのけがを抱えて今大会に出場した。当初は12月2日に行われるクロアチアとのグループリーグ最終戦から出場する予定だったが、チームが敗戦の危機を迎えたため予定より早くグラウンドを踏んだ。

しかし次のゴールもモロッコに生まれた。モロッコは後半ロスタイムに逆襲からザカリア・アブクラルが得点し、勝利を決めた。

今大会は特に番狂わせが多い。サウジアラビアがその最初だった。22日のグループリーグC組第1戦でサウジがリオネル・メッシがいるアルゼンチンに2-1で逆転勝ちした。23日のE組第1戦では日本がW杯4回優勝の強豪ドイツを相手に2-1で劇的な逆転勝利をつかんだ。韓国も24日、強豪ウルグアイと対等な試合をし、0-0で初戦を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP