주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>コスタリカに敗れた日本…現地メディアはこのように評価

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 07:47
0
優勢が予想された2022カタールワールドカップ(W杯)コスタリカとのE組第2戦で敗れたサッカー日本代表について「次のラウンドへの進出が危うくなった」という評価が出てきた。

森保一監督が率いる日本代表は27日(現地時間)、カタール・アルライヤンのアフメド・ビン・アリー・スタジアムで行われたグループリーグE組第2戦で後半36分、 ケイセル・フレール(エレディアノ)に決勝ゴールを許し、コスタリカに0-1で敗れた。

日本メディアはE組第1戦で「戦車軍団」ドイツを2-1で破って勢いづいた代表の敗戦について「痛恨」と表現した。日刊スポーツは「コスタリカに痛恨の敗戦」とし「決勝トーナメント進出が一転してピンチになった」と伝えた。スポーツ報知も「痛恨の敗戦」とし「決勝トーナメントに進出するにはスペイン戦で勝ち点を取らなければならない状況になった」と報じた。サッカーダイジェストは「ドイツ戦の勝利に意味がなくなった」というSNSの反応を伝えた。

試合前には日本がコスタリカを相手に勝ち点3を獲得するという見方が優勢だった。日本はコスタリカとの相手に4勝1分けと大きくリードしていた。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング24位の日本はこの日、31位のコスタリカを相手に一方的な攻撃を見せたが、後半36分に吉田麻也のミスで決勝ゴールを許した。

米CNN放送とカタールのアルジャジーラはコスタリカの勝利を「驚きの勝利」と表現した。英BBC放送も「フレールのゴールがコスタリカに日本戦勝利をもたらした」とし「屈折したフレールのシュートが出るまでは日本の守備をまともに攻略できなかったコスタリカの驚く勝利」と伝えた。

第1戦でドイツに2-1で逆転勝ちして好スタートを切った日本は1勝1敗(勝ち点3)となり、16強進出が危うくなった。一方、日本に敗れれば事実上16強入りが絶望的だったコスタリカは、グループリーグ第3戦まで希望を抱くことになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP