주요 기사 바로가기

「ギニア湾で抑留の韓国タンカー、翌日解放…韓国人2人乗船」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.26 09:00
0
西アフリカのギニア湾で韓国人2人などが乗っていた石油タンカー1隻が海賊に襲われたが、翌日、無事に解放された。

韓国外交部の当局者は25日、記者らに対し「韓国時間で24日午前7時ごろコートジボワール南側200海里(約370キロ)で連絡が途絶えた、韓国人2人が乗船している船舶は、25日午前11時55分ごろ連絡が再開され、船員の安全が確認された」と伝えた。

このタンカーはマーシャル諸島国籍の4000トン級「B-オーシャン号」で、船長と機関長が韓国人。このほかインドネシア人の船員17人が共に乗船していた。このタンカーは連絡が途絶えた後、コートジボワール南側90海里(約166キロ)側に移動した。事故が発生した地域は1月にも似た事例が発生したところだ。

外交部の当局者は「海賊が下船し、船長が船会社側に連絡をしてきた」とし「船舶が数カ所破損した状態であり、いくつかの点検をして午後2時ごろ運航が可能だと確認された」と説明した。

現在のところ船員にけがはないと確認されていて、海賊はタンカー内の通信、運航施設を一部破壊したことが分かった。このタンカーは安全のために友好国の護衛を受け、出発地のコートジボワールのアビジャン港に27日ごろ戻る予定だ。アビジャン港に戻れば現地の韓国公館が韓国人船員の状態をチェックし、面談などを通じて必要な領事助力をする。

政府はタンカー抑留状況を把握した24日午後7時から外交部内に在外国民対策本部を設置した。コートジボワール、ガーナ、ナイジェリアの公館に現場対策班が設置され、タンカーと国民の安全確認のために政府全体レベルで対応した。この当局者は「在外国民対策本部は韓国国民が無事帰還するまで緊張感を持って公館友好国と有機的に対応していく予定」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP