주요 기사 바로가기

金建希夫人の「貧困ポルノ」論議に駐韓カンボジア大使の一針

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.25 09:40
0
駐韓カンボジア大使が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領夫人・金建希(キム・ゴンヒ)氏のカンボジア心臓病患児の家訪問以降浮上した「貧困ポルノ」の論議に関連して「過度に政治化している」として「私たちは体の不自由な子どもたちに対する金夫人の支援に非常に感謝している。金夫人の親切さを大切にしている」と話した。

駐韓カンボジア大使のチルン・ボトムランセイ氏は21日(現地時間)、コリアタイムズが公開されたビデオインタビューで「11日金夫人のカンボジア・ヘブロン・メディカルセンターと先天性心臓疾患患児の家訪問」に関連した論議に対して「カンボジア文化経験の機会を提供する『配偶者プログラム』に参加することが義務ではない」と述べた。



大使は11日、ASEAN(東南アジア諸国連合)サミットに出席するため、尹大統領がカンボジアを訪問した際、空港に出て出迎えるなど首脳会議の準備をした。

大使は「私の立場から見れば、金夫人には今回がカンボジア初訪問なので、本当のカンボジアを見て、文化を学びたがっているということを感じることができた」とし、「子どもの病院訪問は夫人が個人的に重要視する意味のあることだったようだ」と話した。

また「私たちは体の不自由な子どもたちに対する夫人の支援に感謝している」として「金夫人の親切さを大切に思う」と話した。

また、カンボジア首相夫人、ブン・ラニー氏も良い目的をもつボランティア活動に関心があり、そのような活動を支援すると述べた。同時に「歴訪期間中に時間を作って子どもたちに動機をつけ、支援してくれた(金夫人の)親切さにとても感謝する」と再度伝えた。

これに先立って、尹大統領の東南アジア歴訪に同行した金夫人は11日、カンボジアの大統領配偶者公式プログラムに参加せず、カンボジアのプノンペンに位置するヘブロン・メディカルセンターを訪問した後、翌日先天性心臓疾患患者の家を訪れた。

これに共に、民主党は金夫人がカンボジアの配偶者公式プログラムに参加しなかったのは外交的欠礼であり、大統領室が公開した写真が女優オードリー・ヘプバーンさんの過去のボランティア写真と似ていると指摘した。民主党のチャン・ギョンテ最高委員は「金夫人の貧困ポルノグラビア撮影」と声を高めて論議が浮上した。また、チャン最高委員が「金夫人が写真撮影当時、2~3個の照明まで設置した」という疑惑を提起すると、大統領室は「明白な虚偽事実」として虚偽事実流布で告発した。

14日、国会予算決算特別委員会の非経済部署部別審査に出席した趙賢東(チョ・ヒョンドン)外交部次官は、これについて「主催側がアンコールワット訪問を配偶者に勧告プログラムとして提示してきたと聞いている」とし、「各自の判断によって(出席)することであり、義務付けられたものではない」と説明した。また「参加した各国首脳と国際機関トップ配偶者が11人だが、プログラムに参加した配偶者は5人で、6人は各自別途の日程を進めたと承知している」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金建希夫人の「貧困ポルノ」論議に駐韓カンボジア大使の一針

    2022.11.25 09:40
    뉴스 메뉴 보기
    金建希大統領夫人が12日(現地時間)、カンボジアのプノンペンで先天性心臓疾患を患っている14歳の子どもの家を訪れ、子どもを抱いている。[写真 大統領室]
    TOP