주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>韓国監督「孫興ミンは初戦出場可能」…ウルグアイ監督「けがの弱点利用しない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.24 15:22
0
「孫興ミン(ソン・フンミン、30、トッテナム)は第1戦への出場が可能だ」。

サッカー韓国代表のパウロ・ベント監督(53、ポルトガル)が23日、カタール アル・ラーヤンで記者会見し、このように語った。眼窩底骨折から回復中の孫興ミンが24日、カタールワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のウルグアイ戦に出場できるほど回復していることを伝えたのだ。

ベント監督は「金珍洙(キム・ジンス、全北)も出場できる。黄喜燦(ファン・ヒチャン、ウルバーハンプトン)は出られないようだ」とし「当日まで状況を見守るが、孫興ミンが問題なく試合に臨んで最高の戦略を駆使することを願う」と話した。

ウルグアイ代表のディエゴ・アロンソ監督(47)は「マスクを着用した孫興ミンの負傷の弱点を狙うのか」という質問に対し、「我々の技量を活用する。韓国の弱点は利用しない」と答えた。

ベント監督は歴代の韓国代表監督73人のうち在任期間が最も長い。2018年8月22日に就任し、24日で1555日目だ。最長寿監督だが、ベント監督に対する評価は分かれる。成績だけ見れば悪くはない。Aマッチ53試合で34勝7敗12分け、勝率64.1%だ。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングも赴任当時の57位から現在の28位に引き上げた。

ベント監督は就任直後から4年間、後方から攻撃につなげていくビルドアップ戦術を維持した。以前までの韓国サッカーは相手がやろうとすることを封じるスタイルのサッカーだった。ベント監督は「プロアクティブフットボール」、すなわち自分たちが主導する試合を目指している。

問題は相手がブラジルでも日本でもレバノンでも戦術が同じという点だ。選手の起用と戦術も保守的だ。李康仁(イ・ガンイン、21、マヨルカ)を最終メンバーに選びながらテストもしなかった。こうした頑固なイメージのため人気も高くない。

2度の韓日戦0-3惨敗はベント監督に対する世論が悪化するきっかけとなった。2020年に韓国はAマッチを2試合しかしなかった。「新型コロナが呼吸器を与えたことでベントが長生きする」という声まで出てきた。

ベント監督は最近、あるドキュメンタリーで「私を代表チームから引退させた韓国を率いてカタールW杯に出場するというのが信じられない」と語った。ポルトガルの守備型MFだったベント監督は2002韓日W杯グループリーグの韓国戦でフル出場したが、チームは0-1で敗れ、グループリーグで敗退した。この韓国戦が最後のAマッチとなった。

ベント監督はこの日、「いつも16強入りするチームならプレッシャーを感じなければいけないが、韓国は16強に進出したのは2回だけだ。プレッシャーを感じずに最善を尽くすことが目標だ。韓国代表を率いてここまで来たことにも自負心を感じている」と話した。

2014ブラジルW杯グループリーグ当時にベント監督が率いたポルトガル代表はグループリーグ1勝1敗1分けの組3位で敗退した。もう一度W杯の舞台に立つことになったベント監督はどんな成績表を出すのか。ベント監督の任期は韓国が敗退する時までだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>韓国監督「孫興ミンは初戦出場可能」…ウルグアイ監督「けがの弱点利用しない」

    2022.11.24 15:22
    뉴스 메뉴 보기
    パウロ・ベント監督は韓国代表チームの最長寿監督だ。成績は悪くないが、頑固なイメージのため人気は低い。ウルグアイ戦を控えた23日の記者会見で覚悟を語っている。 キム・ヒョンドン記者
    TOP