주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>敗戦前のドイツ、団体撮影で口を手で覆った理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.24 11:26
0
2022カタールワールドカップ(W杯)でアルゼンチンに続いて「大番狂わせ」の犠牲になったドイツ代表の選手らが、日本戦の前に手で口を覆うポーズをしながら団体写真を撮影し、注目を集めている。

ドイツ代表の選手らは23日(現地時間)、ドーハのハリファインターナショナルスタジアムで行われた日本とのグループリーグE組第1戦を控え、グラウンドで団体写真を撮影する際、一斉に右手で口を覆う動作を見せた。主将を務めるGKマヌエル・ノイアーをはじめドイツ選手11人全員が同じポーズをした。

ドイツのキッカーやdpa通信など海外メディアはこの動作について、「One Love」腕章の禁止に抗議する表示とみられると報じた。

これに先立ちドイツやイングランドなど欧州7カ国の主将は差別に反対するという意味を込めた「レインボー腕章」を付けて今回のW杯試合に出場することにした。

しかし国際サッカー連盟(FIFA)がこの腕章を着用すればイエローカードを出すと警告し、各チームは結局あきらめることになったが、その余波は続いている。

キッカーは「選手たちのポーズはFIFAに向けた『私たちの口を封じることはできない』という意味と考えられる」と伝えた。

この日、ノイアーはレインボー腕章が論議を呼ぶと、FIFAが大会開幕直前に出した腕章の一つ「差別反対(#NoDiscrimination)」を左腕に着用してプレーした。

選手が着用できないレインボー腕章はドイツのナンシー・フェーザー内務相が代わりにつけた。この日、競技場を訪れたフェーザー内務相は「One Love」腕章を着用したまま周囲のジャンニ・インファンティーノFIFA会長らとあいさつし、試合を観戦した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>敗戦前のドイツ、団体撮影で口を手で覆った理由

    2022.11.24 11:26
    뉴스 메뉴 보기
    カタールW杯のマスコット「ライーブ」。 写真=FIFA
    TOP