주요 기사 바로가기

コロナ防疫解除されれば改善すると思ったのに…「L字形」のどん底にはまった韓国LCC

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.24 10:27
0
格安航空会社(LCC)が「L字形」のどん底に陥った。チェジュ航空とジンエアー、ティーウェイ航空、エアプサンの4社がいずれも2019年から4年連続の営業赤字から脱出口を見いだせずにいる。新型コロナウイルスという直撃弾よりも前に根本的に収益性確保に問題があるのではないかという疑問が生じている。

23日の業界によると、主要LCC4社は7-9月期にいずれも営業赤字を出した。チェジュ航空は営業損失615億ウォンを記録した。ジンエアーが174億ウォン、ティーウェイ航空が323億ウォン、エアプサンが332億ウォンの営業損失を出した。昨年7-9月期と比較すると赤字幅は減ったがいずれも黒字転換に失敗した。

大手航空会社との業績格差もますます大きく広がっている。大韓航空は7-9月期に営業利益8007億ウォンを記録した。四半期基準では過去最大だ。アシアナ航空も営業利益2293億ウォンを記録した。市場で懸念した完全資本欠損も回避した。

LCC業界では、ドル箱だった日本路線が先月から本格的に再開しただけに今後業績が改善すると期待している。業界関係者は「冬シーズンに日本路線が占める割合が大きく、10-12月期の業績は明確に改善されるだろう。ここに中国路線の拡大も期待している」と話した。

だがこれもまた空念仏に終わる可能性がある。ドル高が足を引っ張っているためだ。今年に入ってから航空業界の外貨換算純損失規模は9000億ウォンを超えた。LCC業界関係者は「独自に分析したところ、7-9月期の為替相場負担が4-6月期と比較して1ドル当たり80~90ウォン上昇したことがわかった。航空機リース料などをドルで支払わなくてはならず、為替負担が大きくなった状況」と伝えた。

それでも搭乗率が改善しているという事実は慰め。韓国投資証券アナリストのチェ・ゴウン氏は「供給が徐々に増えておりLCCの10-12月期搭乗率は3年ぶりに80%を上回るだろう。LCCの中ではジンエアーが最も速く黒字転換するものとみられる」と話した。

主要LCCの業績が下り坂に立つ一次的な原因は新型コロナウイルスとドル高にある。だがよく見てみると2019年から業績下落傾向は明確だった。コロナ禍で赤字が急速に拡大したのは確かだが、収益性悪化を「コロナのせい」にだけ転嫁することはできないという話だ。

国土交通部によると、LCC4社は2014年から2018年まで営業黒字を続けてきた。その後2019年から一斉に赤字に転落した。専門家らはすでに成長期を過ぎた上に韓国人旅行客の海外旅行需要減少が決定的だったと分析する。またLCC間のチケット割引など出血競争も悪影響を及ぼした。

最近航空便の運航が再開されているが、LCC業界に立ち込める影は相変わらずだ。競争構図はますます激しくなっている。大手航空会社とLCCの間隙を狙った新生航空会社のエアプレミアが事業を始めたのが代表的だ。エアプレミアは来月から日本路線に参入する計画だ。

LCC業界では航空市場の構図が揺らがなければ限界に達しかねないという懸念も出ている。業界関係者は「2大航空会社の企業結合が最終承認されればLCCを含め韓国市場の構図が完全に変化するだろう。特に輸送権配分競争はいつになく激しくなるだろう」と予想する。一方では大型旅客機を導入し貨物事業に参入するなど「黒字の公式」を見つけようとする努力も続く見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP