주요 기사 바로가기

韓国製1号ワクチンの涙…SKバイオサイエンスのワクチン、2カ月で廃棄の危機(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.24 09:54
0
◇「後発走者の悲しみ…ワクチン開発成果をないがしろにしてはいけない」

専門家は「ワクチン開発に成功するまでに相対的に長く時間がかかり発生した問題」としながらも「ワクチン開発成功経験までないがしろにしてはいけない」と口をそろえた。新型コロナ特別対応団長で国家感染病気危機対応諮問委員長の鄭ギ碩(チョン・ギソク)氏はSKバイオサイエンスの完成品生産が中断されたことに関連して「後発走者の悲しみ」と表現した。鄭委員長はオミクロン株変異株が世界の流行を主導している状況にあることを強調して「隣ではエアコンを売っているのに私たちだけ氷を売っているようなもの」と話した。ただし「国内で初めてオリジナルワクチンを作った経験だ。それだけ意味のあることで、努力までないがしろにすることはできない」とし「まだ技術力が追いついていないため仕方ないが、次のパンデミックを考えて開発を継続しなければならない」と話した。

嘉泉(カチョン)大学吉(キル)病院感染内科のオム・ジュンシク教授は「事実このように短期間で新しいワクチンを国内で自主的に開発したのは初めてだ。次のパンデミック状況では今回開発されたワクチンプラットフォームを通じて迅速に対応できるだろう」と述べた。続いて「このような経験はお金では買えない価値」とし「失敗しても引き続き政府が支援をしてこそ次の新型感染病の状況で先んじることができる」と述べた。

また、疾病庁が先行購入した1000万回分が無用になる可能性がある憂慮については「2020年冬、新型コロナワクチンを遅れて購入したことに対する叱責が多かった。この時、購入契約が遅れたのは過去に新型インフルエンザ状況でワクチン超過契約を結んだ公務員にペナルティを与えたため」と述べた。オム教授は「新型感染病状況ではワクチンや抗ウイルス剤の需要を正確に予測するのは不可能だ。結局、機会費用というほかないが、今回再びペナルティを与えれば再び公務員がワクチン契約に消極的になるよりほかない」と指摘した。

韓国製1号ワクチンの涙…SKバイオサイエンスのワクチン、2カ月で廃棄の危機(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP