주요 기사 바로가기

「韓国企業、5品目で世界1位…中国の3分の1にとどまる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.24 07:29
0
電子製品、二次電池、造船など主要産業分野で世界の商品・サービスシェアを調査した結果、韓国企業が米国・中国などに大きく遅れていることがわかった。

日本経済新聞が23日に2021年の「主要商品・サービスシェア調査」の結果を通じてこのように発表した。この調査で韓国企業は56部門のうちDRAM、有機ELパネル、NAND型フラッシュ、スマートフォン、超薄型テレビの5部門で1位に上がった。いずれもサムスン電子が生産する製品だった。DRAMではSKハイニックスが、超薄型テレビと有機ELパネルではLGエレクトロニクスとLGディスプレーがそれぞれ2位に上がった。

米国企業が1位の分野は電気自動車(テスラ)、VRヘッドセット(メタ)、バイオ医薬品(ファイザー)、スマートウォッチ(アップル)など18分野だった。中国企業は監視カメラ(ハイクビジョン)、冷蔵庫、洗濯機(ハイアール)、携帯電話通信インフラ(ファーウェイ)など15分野では1位を占めた。日本企業は二輪車(ホンダ)、携帯用リチウムイオン電池(ATL)、デジタルカメラ(キヤノン)など7分野でシェア1位に上がった。この調査は各分野のシェア1~5位の企業だけ公開し、国別のシェアは提示していない。

日経は先端製品分野で中国に対する依存度が高まっていると診断した。日経は「中国企業が世界のハイテク分野で一段と存在感を高めている。中国勢は電気自動車(EV)や電池向け先端素材などハイテク13品目でシェアを拡大した」と伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国企業、5品目で世界1位…中国の3分の1にとどまる」

    2022.11.24 07:29
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の半導体生産施設がある平沢キャンパスライン。[写真 サムスン電子]
    TOP