주요 기사 바로가기

【噴水台】訪韓したビン・サルマン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.22 15:15
0
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン・アール・サウード皇太子(37)が短い訪韓期間、強力な印象と贈り物を残した。ビン・サルマン皇太子は時価総額が約2兆ドルにのぼるサウジ国営石油会社アラムコの大株主だ。アップルに続いて世界で2番目に大きい企業だ。ビン・サルマンに会った韓国財界の総帥の資産をすべて合わせても及ばないことを見せる写真がインターネット上に広まった。今回の訪韓を記念して韓国企業と計300億ドル規模の事業契約および業務協約(MOU)を締結したと伝えられた。

ビン・サルマンは「サルマンの息子」という意味だ。名前を解釈すると「アール・サウード家門、サルマンの息子ムハンマド」だ。父サルマン国王は2015年、兄ナイフ国王を継いで即位した。2017年には皇太子だった甥ムハンマド・ビン・ナエフを廃位させ、息子を皇太子に格上げした。9月には国王が首相を兼職する慣例を覆して皇太子を首相に任命した。サルマン父子は兄弟相続で王位が継がれてきたサウジ王室の伝統を破り、父子相続時代を開いた。

ビン・サルマンは改革家だ。女性の運転、公演とスポーツ観覧を可能にするなど人権の伸長に率先した。原油生産国のサウジは世界炭素排出量の4%を占めるにもかかわらずエネルギー転換には消極的という批判を受けてきた。ビン・サルマンは砂漠の真ん中に環境にやさしいスマートシティを建設するという「ネオム(NEOM)」シティプロジェクトで勝負をかけた。

ビン・サルマンは血の粛清で権力を固めた人物でもある。腐敗清算の名目で権力に脅威となる人たちを逮捕し、釈放の条件として財産の70%を献納させた。従兄弟のマンスール・ビン・ムクリンは疑問のヘリコプター事故で死亡した。米国家情報局(DNI)はワシントンポストのジャマル・カショジ記者暗殺の背後にビン・サルマンを挙げたりもした。カショジ記者はサウジ王政独裁を批判した言論人で、2018年に残忍に殺害された。

これに憤慨したバイデン米大統領は当時、ビン・サルマンを国際的に「のけ者」にすると公言した。しかし原油高で孤軍奮闘していた7月、ビン・サルマンに会って拳の握手を交わした。米政府は最近、カショジ記者暗殺関連の訴訟でビン・サルマンに国家元首に付与される免責特権を適用した。国際関係で名分は実利のための包装にすぎないことを示唆する場面だ。

イ・ギョンヒ/イノベーションラボ長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】訪韓したビン・サルマン

    2022.11.22 15:15
    뉴스 메뉴 보기
    17日、訪韓したサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子兼首相と歓談する尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領。[写真 韓国大統領室]
    TOP