주요 기사 바로가기

韓国国連大使「北朝鮮、国連の権威を無視…安保理の非対応を利用して核兵器開発」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.22 09:07
0
韓国政府は北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の試験発射で国連安全保障理事会(安保理)決議に再び違反したことに対し、国際社会の厳重な対応を促した。

21日(現地時間)、韓国の黄浚局(ファン・ジュングク)国連大使は、ニューヨークの国連本部で開かれた安保理公開会議で、「北朝鮮のICBM発射は安保理決議と国連憲章を含む国際規範を無視したものだ」と批判した。

黄大使は、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外相がICBM試験発射を糾弾したアントニオ・グテーレス国連事務総長を「米国のかかし」と嘲弄した声明に言及し、「北朝鮮は国連の権威を完全に無視している」と指摘した。

さらに黄大使は、今年5月に安保理が北朝鮮に対する追加制裁に失敗した後、北朝鮮が40基の弾道ミサイルを発射し、核武力政策を法制化し、核兵器使用のハードルを下げたという事実を紹介した。

黄大使は、北朝鮮のICBM発射時に追加制裁が規定された安保理決議2397号について、「安保理が北朝鮮が今年だけで8回もICBMを発射したのを見ながらも公約を守ることに失敗した」とし、「安保理理事国が力を合わせて北朝鮮の無謀な核挑発に断固として対応する時になった」と強調した。

特に、「北朝鮮が安保理の非対応と分裂を利用して核兵器を開発した」とし、安保理常任理事国である中国とロシアの反対で、北朝鮮に対する国際社会の対応がまともに行われていないという点を間接的に批判した。

また、韓米合同演習が北朝鮮のミサイル挑発をもたらしたという中国とロシアの主張に対しても、「長い間定期的に実施されてきた防御演習だ」とし、「北朝鮮の不法挑発の言い訳にはならない」と一蹴した。

また、黄大使は「安保理で北朝鮮を代弁することは建設的ではなく、責任のある行動ではない」とし、「誤った道に進む北朝鮮をより大胆にするだけだ」と声を高めた。

さらに黄大使は、安保理理事国にリンダ・トーマス・グリーンフィールド駐国連米大使が制裁決議案の代わりに提案した議長声明を支持してほしいと求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP