주요 기사 바로가기

「音源収益100億ウォン台、歌手イ・スンギさん…所属事務所から18年間一銭ももらえなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.22 08:13
0
歌手兼俳優イ・スンギさんが18年間、所属事務所から音源関連収益を一銭も精算してもらえなかったという主張が出てきた。

21日、韓国メディア「ディスパッチ」によると、イ・スンギさんは2004年デビュー以来18年間137曲を発表したが、所属事務所HOOKエンターテインメント(以下HOOK)から音源収益を精算してもらえなかったと報じた。

この日、ディスパッチはイ・スンギさんの法律代理人である法務法人「太平洋(テピョンヤン)」がHOOKに送った音源料精算請求内容証明も公開した。

ディスパッチが公開した音源精算内訳書によると、イ・スンギさんが2009年10月から2022年9月まで稼いだ音源収益は約96億ウォン(約10億円)だ。しかし、2004年から2009年までの音源精算資料は流失したとディスパッチは伝えた。

この当時は『俺の女だから』(2004)、『削除』(2004)、『お願い』(2006)、『言い辛い言葉』(2006)、『すべてを君に』(2007)、『Let's Go on Vacation』(2007)、『結婚して』(2009)などが発売された時だった。

ディスパッチは「音源売上96億ウォンにはこの5年分が抜けており、該当期間収益を加えれば音源売上は100億ウォンを軽く超えるものと予想される」と伝えた。この100億ウォンは、HOOKが流通会社から精算された金額だと説明した。

イ・スンギさんはこのような事実を知らずにいたが『The Ordinary Man』で音源収益が発生したことに関連して先輩Aさんと対話を交わしていたところ、自身の音源収益精算方式に問題があるということに気づいた。

これに対し、HOOKに正当な精算を要求したが「君がマイナスなのに、どうやって精算してあげるのか」「広報費がどれだけ多くかかるのか知っているのか」などと言われたという。

これに関連してHOOKは18日、公式資料を通じて「イ・スンギさんから内容証明を受け、それに伴い関連資料を検討して回答を準備中」とし「双方間で誤解なく円満に問題を解決するために努力中」と明らかにした。

また「これまでマスコミに報じられた一連の事件に対していちいち立場を明らかにすることができなかった点を申し訳ないと伝えたい」とし「提起された事案の重大さにより、現在としては該当事案に対していかなる話も申し上げることが難しい状況であり、状況がある程度整理され次第に、関連事項に対して公式立場を発表させていただきたい」と付け加えた。

一方、警察庁重大犯罪捜査課は10日、ソウル江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)に位置したHOOK社屋を押収捜索した。家宅捜索の理由については明らかになっていないが、代表クォン氏をはじめとする一部役員の横領疑惑などが含まれていることが分かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「音源収益100億ウォン台、歌手イ・スンギさん…所属事務所から18年間一銭ももらえなかった」

    2022.11.22 08:13
    뉴스 메뉴 보기
    歌手兼俳優イ・スンギさん[写真 HOOKエンタテインメント]
    TOP