주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「ビールが欲しい」…エクアドル観客が一斉に叫ぶ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.21 14:11
0
「私たちにビールを!」。エクアドルの観客の叫びが2022カタールワールドカップ(W杯)開幕戦で響いた。

エクアドル代表は21日(日本時間)、カタール・アルホルのアルバイトスタジアムで行われた大会開幕戦兼A組初戦で開催国のカタール代表に2-0で完勝した。前半16分、31分にゴールを決め、カタールに「歴代初の開催国初戦敗戦」という結果を抱かせた。

この日の開幕戦の入場券は早くに売り切れて約6万席が埋まったが、エクアドルを応援する観客は約4000人にすぎなかった。全体の10分の1にもならない規模だったが、エクアドルの国旗を手に持って熱烈に応援した。

試合内容に失望したカタールのホーム観客が試合場を出た後、エクアドルファンの声はさらに高まった。当初は選手たちを応援したが、勝負がほぼ決まった後半には飲酒規制に対する不満を表し始めた。ESPNは「エクアドル遠征ファンは試合中、一斉に『私たちはビールが欲しい』というスローガンを叫んだ」と伝えた。

当初、国際サッカー連盟(FIFA)とカタールワールドカップ組織委員会は、試合開始3時間前から試合後1時間まで指定区域で入場券所持者に限り酒類を消費できると発表した。しかし大会開幕の2日前に突然、「論議した結果、競技場周辺のビール販売を禁止することにした」と方針を変えて反発を招いた。イスラム国家のカタールが絶えず飲酒の一時的許容方針の撤回を要求してきたという。

ニューヨークタイムズは「今回の発表でバドワイザーとFIFAの7500万ドル(約1000億ウォン、約105億円)規模の契約にも問題が生じるだろう」と伝えた。また「FIFA関係者とVIP観客は試合場内の別に用意された空間でシャンパンやワインも楽しむことができる。この規制は一般観客だけに適用される」と指摘した。

インファンティーノFIFA会長が「フランス、スペイン、スコットランドなどでもスタジアムでの飲酒を禁止している。個人的には一日3時間ほどは酒を飲まなくても過ごせると考える」と述べたが、不満の声は収まらなかった。

ESPNは「カタールがW杯期間の酒類販売を禁止することに決めた2日後、エクアドルのファンがユーモラスに対抗した」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「ビールが欲しい」…エクアドル観客が一斉に叫ぶ

    2022.11.21 14:11
    뉴스 메뉴 보기
    エクアドルのファンが20日(現地時間)、アルバイトスタジアムで行われた2022カタールW杯開幕戦で応援している。 キム・ヒョンドン記者
    TOP