주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>全長1万キロ、ソウルまでわずか1.3秒…海底を通ってくるカタールの映像

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.18 15:57
0
カタールワールドカップ(W杯)開幕を4日後に控えた17日。ソウル鍾路区(チョンノグ)KT恵化(ヘファ)支社にあるソウル国際通信センターのITC(国際放送チーム、International Television-control Center)の前には横150メートル・縦60メートルの超大型画面が設置されていた。長い画面の片方には数十個のグラフと図表がリアルタイムで動いていた。世界各国と連結したインターネットと国際電話のトラフィックおよび信号の品質をリアルタイムで示す国際通信中継画面だ。

別の一方では50個以上の分割画面にカタールにあるKT国際放送センター(IBC)が送出する中継画面が埋まっていた。カタールから受けた映像が地上波3局(SBS・KBS・MBC)に無事に中継されるかをリアルタイムで確認できる画面だった。

20日にW杯が開幕すれば、ITCの職員68人のうち46人が3交代で24時間勤務に入る。ソン・ギソクKTソウル国際通信センター長は「W杯期間中の突発状況に備えるため、行事が終わるまで総合状況室を開設し、非常勤務体系に突入する予定」とし「各地上波放送局にエンジニアを派遣するなど各種専門人材がW杯中継に投入される」と述べた。

◆カタールとソウルをつなぐ国際放送中継網を開通

KTの国際放送中継網は14日に開通した。試合が行われるカタールから映像、電話、インターネット情報をソウルとつなぐ体系だ。KTが5月、カタールW杯国際放送中継網主管通信会社に単独選定された後、韓国とカタールにインターネットと映像送受信インフラ・施設を構築した。

カタールで撮影した映像がソウルの国際通信センターに到達するには約1万キロの旅程をたどる。KTがカタールに設立したIBCを経て海底ケーブルを通じてシンガポールなど海外拠点施設(PoP)を経由して釜山(プサン)国際通信センター、ソウルKT恵化支社にまでくる経路だ。長い距離にもかかわらず、映像情報がカタールからソウルにまで到達する時間はわずか1.3秒にすぎない。両地域を連結する海底ケーブルが大容量情報を迅速に伝達する光ケーブルであるからだ。

◆予備経路に途切れない「ヒットレス」も導入

今回のW杯中継でKTが最も注力しているのはネットワークの安定性だ。海底ケーブルに物理的な問題が生じたり、電気信号に異常が発生すれば、最悪の場合、中継途中に画面送出が中断する放送事故が起きるおそれがある。

事故を防ぐためにKTは今回のW杯中継には国際海底ケーブルのうち主要経路2つと予備経路3つを準備した。普段は2つの経路だけを使用するが、一方に障害が発生する場合、3つの予備経路のうち1つを選択してう回する方式だ。普段はカタールからシンガポールを経て韓国につながる約1万キロの経路を使用し、問題が発生すれば米国・ロンドンなどを経てソウルにくる2万キロの長さの海底ケーブルに受信経路に切り替える。

KTは今年の北京オリンピック(五輪)で使用された「ヒットレス」機能を今回のW杯中継にも導入した。海底ケーブルに問題が生じて予備通信線に変更する瞬間にも中継放送が途切れないようにする。複数の中継信号を同時に受け、問題が発生した信号は捨てて正常な信号だけを集めて組み合わせる機械「Nimbra」装備を導入した結果だ。こうした装備はカタールIBCとソウル国際通信センターにそれぞれ2台設置された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>全長1万キロ、ソウルまでわずか1.3秒…海底を通ってくるカタールの映像

    2022.11.18 15:57
    뉴스 메뉴 보기
    アン・チヨンKT江北江原広域本部長が14日、カタールW杯国際放送中継網を準備したソウル国際通信センター職員を激励している。 [写真=KT]
    TOP