주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>韓国代表の価値2211億ウォン…イングランドの10分の1

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.18 15:19
0
カタールワールドカップ(W杯)に出場するサッカー韓国代表選手の全体の価値(推定値)が「サッカー宗主国」イングランド代表チームの10分の1水準であることが分かった。

国際サッカー連盟(FIFA)傘下の国際スポーツ研究所(CIES)はカタールW杯本大会に出場する32カ国の選手団の全体移籍料価値(Transfer Value)を16日に発表した。この資料によると、パウロ・ベント監督が率いる韓国代表チームの移籍料総合は1億5900万ユーロ(約2211億ウォン、約231億円)と推定された。本大会進出国32チームのうち26位、グループリーグH組の中では最も低い評価額だ。

韓国代表のうち最も移籍料が高いのはエース孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)だった。4600万ユーロ(約640億ウォン)の孫興民の価値は韓国選手団全体の30%近い比率となる。韓国と同じH組のポルトガル代表の移籍料は11億5400万ユーロ(全体5位)、ウルグアイ代表は5億9000万ユーロ(9位)、ガーナは2億700万ユーロ(19位)だった。

全体の1位はイングランド代表だ。イングランド選手団の価値は14億9900万ユーロと推算された。韓国代表の約10倍にのぼる。今回のW杯に出場する選手のうち最も価値が高い選手は2億200万ユーロのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(ドルトムント)だった。ブラジル代表のFWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)が2億100万ユーロで2位、フランスのゴールゲッター、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)が1億8500万ユーロで後に続いた。

日本は韓国より高い2億500万ユーロ(20位)。FW堂安律(フライブルク)が2900万ユーロで日本選手では最高の価値と評価された。全体移籍料が最も低い出場国は2300万ユーロのコスタリカだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>韓国代表の価値2211億ウォン…イングランドの10分の1

    2022.11.18 15:19
    뉴스 메뉴 보기
    9月のAマッチのカメルーン戦で孫興民(ソン・フンミン、左から2人目)が得点してチームメートと喜んでいる。 キム・ヒョンドン記者
    TOP